2004年09月05日

土砂降り

「ぁぁ、まただ。この感じ。」
・・今夜、東京。突然の土砂降り。

跳ね返る雨粒が足元を濡らす。
傘をさしていても身体が濡れる。

特別に雨が好きなわけでもないのだけれど
土砂降りの中で私には、いつも陥る感覚がある。

 傘など要らない。服も要らない。
 裸になりたい。雨に濡れたい。

 この身体・・素肌で、雨に打たれたい。

いつからそう思うようになったのか覚えていない。
何故そう思うのかもわからない。
 もちろん、試してみたことはないけれど。

想像すると、それは無性に気持ちよさそうな気がする。
ぁぁ、ぁぁ。丸裸でずぶ濡れになりたいなぁ、と思う。

 雨は私を潤してくれるだろうか。
 雨は何かを洗い流してくれるだろうか。

人通りの少なくなった街中を、私はいつまでも歩いている。

土砂降りの雨の中で私の身体は、どんどん熱くなっていく。
posted by sizuku at 02:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。