2004年09月27日

「問いと答」 谷川俊太郎

互いに互いの問いとなり
決して答にはゆきつけぬまま
やがて私たちの言葉は
ひとりひとりの心の井戸で溺れ死ぬ
世界が問いである時
答えるのは私だけ
私が問いである時
答えるのは世界だけ
詩は遂に血にすぎない
寂寥のうちに星々はめぐり続け
対話はただひとり私の中で
いつまでも黙つたまま
どうしようもなく熟していくだろう

――――――――――――――――――――
先週、機会に恵まれて、とうとう憧れの谷川俊太郎さんに逢えました。^^
と言っても・・
特別個人的にというわけでもなく、サイン会という公の場でしたが。

私ね、本を探しているんです。

いつか私も、当たり前にこの世を去るときがくる。
最期のとき、私は、自分にとっての「生涯の1冊」を抱いて、
静かに静かに眠りにつけたらいいなぁ・・と思っているんです。

そんな「1冊」を、もう長いこと探し続けています。

「それは本なの?・・人ではなくて?」

最期のとき、誰かの手を握って逝きたいのではなくて、
それは本なの?と、問われちゃいそうですね。(笑)

ん・・今は本です。そう、人ではなくて、本なのです。

それがいつか「人」になるかもしれないとは思っています。
出来ることなら、誰か・・あなた・・の手を握って、静かに逝きたいなぁ、と。

でもね、今は本。

 ――――――――――

何かに迷ったとき、
何かを考えたいと思うとき、
今のところ私は、谷川俊太郎さんの詩集を開くことがとても多いです。
posted by sizuku at 03:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 俊太郎world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンクリスト追加

お願いをして、させて頂けることになった何件かを追加しました。
遅くなりまして申し訳ありませんでした。

これからもよろしくお願い致します。 m(*..)m
posted by sizuku at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。