2005年01月29日

真白き骨

週明けに、大好きだった祖母が急に逝き、木曜日に最期のお別れをしてきました。

最期を看取った叔母が、棺に「百人一首」の本を納め・・

晩年、老人性痴呆症がかなり進行してしまった祖母は、日常会話さえままならず、
傍に夫が居ようが、実の息子や娘が居ようが、ましてや私たち孫が居ようが、
「それが誰なのか」の認識さえなかった様子でしたが、

不思議なことに、おそらく若い日に覚えたのであろう百人一首の一句一句だけは
忘れることなく、その最期の日も自宅で、叔母が読む「上の句」に「下の句」をつけ、
楽しんでいたのだそうです。

 契りきな かたみに袖をしぼりつつ
 末(すゑ)の松山 波越さじとは


 涙に袖を濡らしながら、互いに固い約束を交わしたはずでした。
 末の松山を決して波が超えないように、私たちも決して心変わりしないことを。

清少納言の父、清原元輔の詠んだこの悲しい恋歌がいちばん好きだった祖母に、
・・そこにどんな思いがあったのか・・
私はとうとうそのわけも、聞けず仕舞いになってしまいました。


おそらく本人にさえあまりに突然の死で、
叔母も生前に頼まれていたわけではなかったそうですが、
そんな祖母の旅立ちに叔母が持たせた「百人一首」の本が、
祖母の「生涯の一冊」になったのかもしれない・・。


実の子どもたちには相当に「厳しい母」だったらしいのですが、
私たち孫には、いつもただただ「優しい」祖母でした。

けれど今、その「優しさ」は決して「甘さ」ではなかったように感じています。

祖母は最期の最期にその生涯を以って、私に
「優しさ」と「甘さ」の違いを教えてくれたように思えてならないのです。

いよいよ最期というとき、私は祖母にさようならを言いませんでした。。
ひとこと「おばあちゃん。ありがとう、ね。」と、最期の頬に触れさせて貰いました。

かけがえのない人でした。


その生涯に流れた時間に対して、およそ1時間で灰でなってしまう呆気なさ。

けれど。
焼きあがった骨は、老人の骨とは思えないくらいしっかりとしていて真白く、
私には、祖母が逝ってなお、凛としているように思えました。

 ――――――――――――――――――――

黙々と歩き続けてぐったりとして・・ふと見上げると、

苦しいときも、辛いときも、悲しいときも、
月はかわらず私の上に、その冴えた光を湛え・・

 月が故に、私の流れゆく日常の細々に、
 わかりやすい慰めや、労いの言葉を投げかけてくれるわけではないけれど、

月はその光をもって「そこに在る」安心感を、確かに与え続けてくれていました。

・・この道。 私には、いつだって、私の見上げる月が在ります。
posted by sizuku at 04:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

リンクリスト整理しました。

忙しさを口実に長らくかまけていたリンクリストの整理を、今夜ようやく実行しました。
変更等のご連絡頂いていた方、遅くなって申し訳ありませんでした。 m(*..;m

今後ともよろしくお願い致します。

 あんど。こっそり新コンテンツ(?)追加しました。
posted by sizuku at 04:28| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

「お互い、また一週間頑張ろう。」

 ・・うん。 (*..)
posted by sizuku at 03:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

恥じらい

たぶん。大事なことは、人としての恥じらい。

間違っていることは間違っていると思える感覚。
いけないことはいけないことだと思える感覚。

それでも止められない感情や、どうしようもない思いがあって、
だからこそ、
そんな感情やそんな思いにも、私は私の恥じらいを持ちたい。

貴方の前ではどんなに恥ずかしい私でも、

社会(ひと)の中にあって、
何もかもをも、
ただ自分の都合のいいように理由づけて正当化していくことに、私は
一抹の恥じらいさえも感じられないような人間にはなりたくないの。

・・だから。 ねぇ貴方は、もっと私に恥ずかしさを教えて。
posted by sizuku at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

いつか貴方に

話してみようと思う
私がとても大切に思っている、ある友人の話を

私が彼を、そんなにまでも大切に思う理由を

最後の最後まで、貴方と彼との間で揺れた理由を

けれど貴方でなければ駄目だった、ほんとうの理由を

それでも今でも
私がとても大切に思っている、ある友人の話を

もちろん今の貴方に、私は何の秘密も、
隠し事も、言えないこともないけど、

それでも 「いつか」 そのときが来たら。

私は貴方に、話してみようと思う。

 ――――――――――

「そのときっていつなんだよ。」 ・・

「そのときは、そのときよ。」 ・・(笑)
posted by sizuku at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

わからない

今日は、背の高い貴方が、
骨太だけど肉の少ない、がっしりとした貴方の身体が、

まるごとそのまま貴方の性器に見える。


その全身を舐め尽したい。
丹念に隅から隅まで味わい尽くしたい。

何が好きって、私、他の何でもない、
きっと貴方の性器が好きなんだ・・。

愛しいもの、愛しいもの、
この世で何よりも愛しいもの。


ぁぁそして
あの絶妙な、貴方のタイミングで、

どうかその頭から、
貴方全部で、私の中に入ってきて。

・・お願い。お願い。入ってきて。

 あぁ、ここに。

貴方まるごと。ずぶりと。

お願い。私の中に入ってきて。

 ――――――――――

「貴方なんか、ただのペニス。」 そう思う私が居る。

そうよ、貴方の正体なんてただのペニスなのに・・

どうして私は、こんなに恋しいんだろう。
どうして貴方が、私はこんなに愛しいんだろう。
posted by sizuku at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

「平壌から来た女刑事」

紀伊國屋公演

いよいよ「北区つかこうへい劇団」の 3月東京公演のチケットが発売です♪
 5日までなら、インターネット優先予約も可能とのこと。

興味のある方は、この機会にぜひ、
つか氏の描く「前向きのマゾヒズム」世界に触れてみませんか?(笑)

 ・・って、私は劇団のまわし者でも何でもありませんが。^^;

詳細は「つかこうへい事務所オフィシャルHP」で、ご確認くださいね。

 ・・もちろん、私も観に行く予定です。^^
posted by sizuku at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つかworld | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

あけましておめでとうございます。

去年の暮れ、片付けをしていて、初めて思ったことがありました。

私は「欲しがり」で、
しかも一度手に入れたものは、なかなか手放せないのです。

気がついてみると、そうして溜め込んでしまったものの多さ。

でも、ただ大事に仕舞っておいても意味のないもの、
きっと「捨てるべきもの」・・も、あるんだろうな。と。

そろそろ、何でもかんでも欲張ってただ抱え込んでいくだけではなくて、
自分にとって本当に必要なもの、不必要なものを見極めていくことも、
大切な歳になったのかなぁ、と。

もちろん、いきなり何もかも捨ててしまうことなど出来ないのですが。
そういう意識を持つことで、余計なものを少しずつ削ぎ落としていけたら・・。

きっと自分にとって本当に必要で、大切なものって、そう多くはないはず。

ただ単に、手に入れたものの数を数えるのではなくて、
手に入れたものの一つ一つを心から愛しみ、大切に守り抜いていきたい。

 ・・と、今年も私は、私の道を、
 自分のこの足でしっかり歩いていきたいと思っています。

冴えた蒼銀の月明かりを、道標にして。


皆様にも、どうぞよいお年でありますように。
posted by sizuku at 05:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。