2005年01月14日

恥じらい

たぶん。大事なことは、人としての恥じらい。

間違っていることは間違っていると思える感覚。
いけないことはいけないことだと思える感覚。

それでも止められない感情や、どうしようもない思いがあって、
だからこそ、
そんな感情やそんな思いにも、私は私の恥じらいを持ちたい。

貴方の前ではどんなに恥ずかしい私でも、

社会(ひと)の中にあって、
何もかもをも、
ただ自分の都合のいいように理由づけて正当化していくことに、私は
一抹の恥じらいさえも感じられないような人間にはなりたくないの。

・・だから。 ねぇ貴方は、もっと私に恥ずかしさを教えて。
posted by sizuku at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。