2005年05月06日

堕ちていく世界

ひさびさに、SMの世界を描いたDVDを観ました。
杉本彩主演、5月14日劇場公開予定の「花と蛇 2」のメイキングです。

なんかね。
まぁ・・もちろん、観る人にも依ると思うんですが、
この映画、私はなかなか面白そうだなぁと思いました。

単にストーリーが、ということじゃないです。
それから部分部分のSMシーンが、ということでもないです。

全体の流れの中にある、石井隆という監督のSM観のようなもの、
それから主役を演じる、杉本彩という女優が表現しようとしたもの、

 ・・そんなものにとても興味が湧きました。


私・・たぶん、
ごく個人的には、SMの神髄って「縛り」だと思ってるんですね。

この映画では、それがものすごく豊かに表現されていて・・
(って、ちょっと変な感覚かもしれませんが。(笑)
そんなのも、私をそそる要因のひとつなのかもしれないなぁと思いました。


やっぱりSMって残酷な世界のような気がします。

 残酷なまでの優しさ、残酷なまでの欲望、残酷なまでの官能。

私なんかは甘ちゃんだから、
そんな中にもせめて何がしかの美しさを求めようとしてしまうけど、

やっぱりね、それはきっとどす黒い、キレイゴトではない世界。

 
自分というものに、否が応でも向き合わされながら、
「堕ちていく」世界なんだと思います。

――――――――――
■映画「花と蛇 2 パリ/静子」公式サイト(R-18)
posted by sizuku at 03:15| Comment(0) | TrackBack(1) | パンドラの罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。