2005年06月12日

文芸本3冊

ホテル・アイリス.jpg  緊縛.jpg  変態.gif

左から、読んだ順に
「ホテル・アイリス」 小川洋子
「緊縛」 小川内初枝
「変態」 藤本ひとみ

・・立て続けに3冊の文芸本を読みました。
3冊とも、いわゆる「その世界」がモチーフになっています。

どの作品にも、その作品ならではの魅力がありましたが、
(個々への感想ではなく)3冊を続けて読み終えた感想として、
私はそこに詭弁としてではない「人それぞれ」を感じました。

いずれの作品にも共通していたのは「それぞれの形」を越えて、
「それぞれの心のあるがまま」が繊細に描かれていたこと、でした。
 ―― 個の内外の、引かれ合う心と、反発する心。

そしてもうひとつ共通していたのは、
物語には必ず結末があるということ。でした。
 ―― 「性」の先に見えてくる「生」と「死」。

 ・・まぁ、たまにはこんな読み方も面白いかな。と。(笑)


特別オススメというわけでもありませんが、
もし興味を持たれた方がいらっしゃれば、是非。

参考までに、主人公の年齢が10代・30代・40代と設定されているので、
3冊とも読まれるつもりなら、偶然にも私の読んだ順が読み易いかも?です。

 ちなみに、繊細な感覚や心理描写を表現し得る語彙、筆致と、
 構成の妙が生む作品の奥行きという点で、
 私は藤本ひとみさんの「変態」に、いちばん引き込まれました。
posted by sizuku at 01:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。