2005年08月15日

その日、手にしたはずの「平和」を思う日に。

谷川俊太郎の詩(1968年)を、2編。

兵士の告白

殺スノナラ
名前ヲ知ッテカラ殺シタカッタ
殺スノナラ
一対一デ殺シタカッタ
殺スノナラ
機関銃ナンカデナク
素手デ殺シタカッタ
殺サレル者ヨリモ殺ス者ノ方ガ
何故コンナニ不幸ナノカ
ソノワケヲユックリト囁キナガラ
殺シタカッタ

殺スノナラアアセメテ
泣キナガラ殺シタカッタ


私は、殺されたくない。

私は、彼が、殺されてしまうかもしれない、と
考えることさえ恐ろしい。

 あなたは、名も知らぬ誰かに殺されたいですか?


私は、彼に、
誰も殺して欲しくない。

私は、誰も、殺したくない。

戦争は、殺し合い。
人が人を殺すこと。

 あなたは、名も知らぬ誰かを殺したいですか?


くり返す

くり返すことができる
あやまちをくり返すことができる
くり返すことができる
後悔をくり返すことができる
だがくり返すことはできない
人の命をくり返すことはできない
けれどくり返さねばならない
人の命は大事だとくり返さねばならない
命はくり返せないとくり返さねばならない

私たちはくり返すことができる
他人の死なら
私たちはくり返すことはできない
自分の死を


私は、真の平和というものは、
国境、民族、信仰・・そんな枠組みを越えたところにあると思っています。

例えば、自国を愛することと、
自分の国さえ潤えば、という利己主義は、まったく違う。

自分の民族に誇りを持つことと、他の民族を踏みにじること、の違い。
自分の信仰を大事にすることと、他人が信じるものを冒涜すること、の違い。

こうして言葉にすれば明白なのに、
愚かしくも人間は、未だ同じ過ちをくり返し続けているように思うのです。


果たしてその日、私たちが手にしたはずのものはいったい何だったのだろう。
 
 ・・今年の私は、今日この日、そんなことを考えながら過ごします。
posted by sizuku at 05:31| Comment(4) | TrackBack(2) | 俊太郎world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

"赤ずきん"

「私は、たとえ相手がオオカミだとわかっていても、
 ほおかむりされて、飴玉を差し出されたら、
 きっとホイホイ着いてっちゃうよね?(笑)」 と言ったら、

「おまえが、そのオオカミを食ってるかもね。(笑)」 と返された。


「なんだかんだ言って、おまえはほんとにしぶとい。(笑)」 ・・らしい。

彼と笑いながら話せる。
 ぁぁ、私はなんて幸せな"赤ずきん"なんだろう。


赤ずきん.jpg   ・・貴方を、食べてしまいたい。

――――――――――
■ Wikipedia 「赤ずきん」
■ 青空文庫 「赤ずきんちゃん」
■ 鈴木 晶 「赤ずきんを巡って」
posted by sizuku at 03:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

被爆60年に思う。

つい先頃、TVの特集番組で、広島に投下された原爆を作った科学者と、
被爆者の方が対面し、対話しているのを見ました。

ある被爆者の男性が、
「あなた(個人)を責めるつもりはない。が、あの原爆の犠牲者に対しては、
 "申し訳なかった"と謝って欲しい。」とぶつけました。

科学者は答えました。
「私は謝らない。謝るなら、まずあなただろう。
 我々にはこんな言葉がある。・・"Remember, Pearl Harbor."」

吐き捨てるようにその言葉を口にしたときの、その科学者の表情を見た私は、
仮にそれが(私にとっては)到底理解し難い言い草であったとしても、
残念なことに、彼には彼の正義があったのだと、感じざるを得ませんでした。


被爆された方々の悲しみ、苦しみ、そして怒りは、
何年経っても何十年経っても、おそらく決して消え去ることはないでしょう。
過去を風化させない為に、彼らにはその声をもっともっと響かせて欲しい。

けれど今を生きる私たちは、ただ単にその声に同調し、
涙を流して立ち止まったままでもいけないのだと感じました。

直接被害を被ったわけではない私たち、
原爆どころか、戦争も知らない私たち、

そんな私たちこそが、被爆者の方々の心の痛みを少しでも思いやれると同時に、
単に「誰が悪かった」「何が悪かった」というだけではなく、
今現在の核の脅威を、他人事ではなく自分たちの問題として捉えられるなら、

今、私たちには、もっと冷静に、世界の未来の為に、
考えなければならないこと、取るべき姿勢があるのじゃないか。と、私は、
そんなふうに感じたのです。


「彼」の気持ちもわかりたい。
「彼」の気持ちもわかってあげたい。

人が、他人(ひと)の痛みを、完全に理解してあげることは不可能だとしても、
そう思って初めて、私はそこに、
今、私自身が考えなければならないことも見えてきたような気がします。

「そもそも人が人を傷つけたり、殺し合うことに、何の正義があるのだろう。」


原爆慰霊碑.jpg

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」

 ・・私も今、強く、その「主語」の一人であろうと思います。
posted by sizuku at 10:53| Comment(8) | TrackBack(5) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。