2004年11月12日

マリアサマ。

貴女と私。

ようは、それぞれに毎日を精一杯生きてきて、
形は違うにせよ「辿り着いた場所」を言い表すのに、
選んだ言葉が違っただけなのかもしれないなぁ、とも思います。

人は生きてきた環境によってそれぞれに、
ひとつひとつの言葉に、思い入れや思い込みが生まれ、
自分の好きな言い回しというのも出てきますよね。

マリアサマのこの記事に私は、
ご自分のことを一生懸命に話してくださるマリアサマの
誠実な眼差しを感じ、(「宣言」の記事へのコメントにも書きましたが、)
本当に、心から「良かったですね。^^」という言葉しか出てきません。

 ――――――――――

さて、正直言って私は今、
世の中に溢れ返る「主従こそがSM」というような風潮・論調に
ただ違和感を感じているだけなのです。

決して「主従関係」そのものを否定してるわけでも、
ましてや、人様の幸せに水を注そうと思っているわけでもないので、
それだけは、マリアサマにも伝わるといいなぁと思います。

マリアサマの言葉をお借りすれば、私にはいまだに、
たくさんのラベルがペタペタと貼り付いています。
いろんな意味で「どこそこの誰」という私のラベルは、
仕事でもプライベートでも、いまだに日々、私についてまわっているのです。

「彼」と居るときだけ、私は、ただの私なんです。
どこの誰でもない、誰のものでもない、ただの私。

彼と繋がっていることで、私が感じる自由とはそういうことです。
彼だけが、私を、
すべての呪縛から解放してくれる、私にはそんな気がするのです。

だけどね。それは、私のマゾ性とかなり密接に関係があるとしても、
私のマゾ性の本質ではないと思っています。

 ――――――――――

実は私はこのブログで、自分のSM観について、
あまりあからさまに話すのは止めておこうと、ずっと思っていました。
私の心の奥深くにある感覚は、今、私自身の他には、
あるたった一人の存在だけが知っていてくれれば、それで充分だからです。

でもあえて今夜は・・。
そんな気分になってしまいましたので、少しお付き合いくださいね。

気持ちや身体を痛めつけられても、濡れてしまう。
ううん、むしろ、そうされるほうが興奮して、より感じる。
もしそれをマゾと言うなら、私はマゾなのかもしれません。

でもそれは、彼が居ても居なくても、私が本質的に持っている、
私自身の性質なんです。

「誰かの前でだけ、私はマゾ。」こんな言葉をときどき見かけますが・・
(そして私は、どなたにも、議論をふっかける気など毛頭ありませんが、)

「マゾは誰に対してもマゾ。」これが、あると言えば、私の唯一の持論です。

だからこそ、そんな人間は、誰か特定の存在に繋がっていられることに、
幸せを感じたり、安定を求めたり、安心感を感じるのだと思っています。

そこに居れば、こんな恥さらしな自分を、やたらに曝さずにすむから。
どうしようもなく強欲で、浅ましい自分をコントロールしてもらえるから。

私は、彼と出会って、
自分を委ねるということは、決して自分を捨てることじゃない、
ありのままの自分を丸ごと受け容れてもらうことなんだ・・と、
あらためて気づきました。

そういう相手に巡り逢えたとき、人がその大切な存在を、
「ご主人様」と呼ぼうが何と呼ぼうが、私に異論などあるはずがありません。

ただ初めから「さぁSMだ、じゃぁ主従だ」・・そんな、ある意味短絡的な、
「"ご主人様と奴隷"という構図でなければ、SMは成立しない」というような、
そんな語り口を多く目にするようにもなり、なんだろう・・
どうにもこうにも私自身は、違和感が込み上げてきてたまらないだけなのです。

 ――――――――――

私が「良かったですね。^^」と申し上げるのは、
マリアサマの「ご主人様」という呼び方そのものではないんです。

「宣言」の記事の、

>それを聞いたとき、私は「そう呼びたい自分」にハッキリと気がついてしまいました。^^;

そしてこの記事の、

>ラベルというカタチでしか自分の価値を見出せなかった私が、
>ラベルを通して自分を表現したいと思うようになったからかもしれません。

そんなマリアサマの、
ご自分の中のご自分にどんどん気づかれていく様子。

 ・・それがとても素敵だと思ったのです。
posted by sizuku at 02:40| Comment(6) | TrackBack(1) | パンドラの罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさま^^

エントリーありがとうございます。^^
空色の便箋に丁寧な文字で書かれた手紙をいただいた気分です。

sizukuさまと私は確かに違いますね。
表現の方法とか価値観のポイントとか想いそのものも。
私には「6」に見えるものがsizukuさまには「9」に見えてるのかな・・・なんて思ったり。^^

でも・・・

>「彼」と居るときだけ、私は、ただの私なんです。
>どこの誰でもない、誰のものでもない、ただの私。

この部分は激しく同感できます。
ある意味「名無し」の自分になれるというのでしょうか(笑)。

>「マゾは誰に対してもマゾ。」これが、あると言えば、私の唯一の持論です。

そうなのかもしれませんね。
マゾという資質はある程度「持って生まれた」に近いものなのかもしれません。
ただ、私の場合はその本質をsaintによって・・・
いや、彼の手を借りて自分で導き出したというのかな。
何にしてもM性を見せるのはsaintだけ、だと思っています。
むやみやたらにお見せできるようなものじゃないし、
逆にいうともったいなくて他の人に見せたくないとも言えます(笑)。

あー、うまく伝わってるんでしょうか。^^;

うまく言葉にできないけど、私はsizukuさまが好きです。^^
表現方法こそ違うけれど、ひょっとしたら異質なものなのかもしれないけれど、
根っこに流れるものがなんとなく「同じ」だと感じるから。^^

これからも、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

Posted by マリア at 2004年11月12日 08:15
(^_^)/ thorn_roseです

>「マゾは誰に対してもマゾ。」これが、あると言えば、私の唯一の持論です。
>だからこそ、そんな人間は、誰か特定の存在に繋がっていられることに、
>幸せを感じたり、安定を求めたり、安心感を感じるのだと思っています。

ここの部分‥ 全く同感です。
エロスの流れない人間関係という意味でも、その資質が作用しているのではないかという場面によく遭遇して‥
で、自分を律したり、隠したり、偽って強気に出たり‥
そして、その裏返しとしての「攻撃性」だったり‥

で、冒頭の
>「辿り着いた場所」を言い表すのに、
>選んだ言葉が違っただけなのかもしれないなぁ、とも思います。

この部分に関係することを、こちらの記事を読む前にコメントに残した上に一つのHTMLにしたこともあって‥
あぁ、ここでもまた新たな「共時性」を感じてしまいました。
なので、トラックバック、させていただきますネ"^_^"
m(_ _)m
Posted by thorn_rose at 2004年11月12日 13:10
マリアサマ。^^

上手な字、かどうかはわからないけど、
 いえむしろ、変に癖のある字、のような気がするけど・・
でも貴女宛の手紙、一生懸命書きました。読んでくださってありがとう。^^

>あー、うまく伝わってるんでしょうか。^^;

たぶん・・。(笑)
書かれていること、そのまんまの意味でいいなら、ちゃんと伝わっています。ご安心を。(笑)

悪気があるはずもないのですが、我の強い私の言葉は、
ときに人をひどく傷つけてしまうことがあるのかもしれないなぁ・・と思っています。ごめんね。

・・にも拘らず、
「好き」と仰ってくださること、ありがたいことだなぁとしみじみ感じました。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。^^

――――――――――
thorn_roseさん。^^

>エロスの流れない人間関係という意味でも、その資質が作用しているのではないかという場面によく遭遇して‥
>で、自分を律したり、隠したり、偽って強気に出たり‥
>そして、その裏返しとしての「攻撃性」だったり‥

ん。まさに「性癖」ということですね。

「性癖」を辞書で引くと「性質の片寄り。くせ。」です。
これは決して、いわゆる性的なことに関する意味合いだけで使う言葉ではないですよね。^^

だから私は仮にSMの話をするときも、自分が何か話そうとするときには、
「性癖」という言葉と「性的嗜好」という言葉を、区別して使うように心がけているんですが・・。
・・と、こういう拘りが、私の性癖を顕著に現してる気がします。(笑)

「マゾは誰に対してもマゾ。」
・・もちろん、誰とでもプレイするなんて意味じゃなくて。

thorn_roseさんには、いちいちこういう説明が要らないから、
いつも甘えて言いたいことを言わせて貰っています。
こんな私に呆れず、いつも丁寧にお付き合いくださってありがとう。

感謝してるのは、私のほうです。 m(*..)m

(TB頂いた記事へのコメントは、またそちらで。^^
Posted by sizuku at 2004年11月13日 17:57
sizukuさん。私のBlogの方に「素敵な記事をありがとう」と書いて頂きましたが…こちらこそ、そして、こんな素敵な記事をありがとうございます。

いつものようにトラックバックさせて頂いて、と思ったのですが…そう、例えば、私のパートナーにもこの記事を読んで貰うほうが私が書くよりずっといいかも…と思いましたし、これ以上のことは書けなかったもので断念しました(笑)。
これからも素敵な記事を楽しみにしています。では、また。
Posted by Key at 2004年11月14日 09:50
sizukuさま、お邪魔します♪

コメント・リンクのお話を頂いて、ありがとうございました^^。
コチラにも足跡を残したくって早速お邪魔しています。

私は今、まだ“ワタシ”の事がちゃんとわかっていません。
なんとなくSMに憧れた自分いて
偶然か巡り合わせなのか 彼と出逢いSM行為をしている自分がいて
行為自体に強い恐怖感があって逃避したい自分がいて
そのくせ 納まりがつかないほど彼の加虐を求める自分もいる

そんな自分自身の矛盾を突きつけられる日々です
まだ“ワタシ”のM性を認識しながらも 自覚したくない常識人の『私』がいます

ですからコメントの内容も Blogにアップする記事の内容にも波があります
けど色々な事を想う自分も揺れる自分も みんな私なわけで…

私が彼を求めて止まないのは きっとそれを認め泳がせてくれるからかな
 「こう思えないようでは 思い入れが足りない」とか
 「痛みを快感と感じられなければM女として未熟だ」とか
そういう枠組みが一切なくて 自然な感情をありのままに受け止めてくれる
だから私も自身をありのままに吐き出せる

そして気付いたら。。。
どうしようもなくMなワタシが存在している


あらら〜 何を書きたいのかわからなくなってしまいました(汗)
長々と書き連ねてしまいましたが お伝えしたい事は唯一つ

 『これからも どうぞ宜しくお願いします^^』


Posted by 夢羽 at 2004年11月14日 11:13
Keyサマ。^^
コメントありがとうございました。
頂いた言葉を拝見して、気恥ずかしくなりました。

なるべくシンプルに、的確に、と思っても、
感情や感覚を言葉にするというのは、なかなか難しいものですね。

自分の感覚を他人に押し付ける気はないのです。
ただいつも、自分にだけは正直でいたいと思っています。
その思いが強すぎて・・時に人を傷つけてしまうことがあるかも。
まだまだ修行中なのです。^^;

こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

――――――――――
夢羽サマ。こちらでははじめまして。^^
来てくださって嬉しいです、ありがとう。

私もまだまだ自分のことがよくわかっていません。
私の中にもいろんな矛盾があり、私の記事だって揺れてます、かなり。(笑)

でも仰る通り・・「みんな私」なんですよね。^^

>私が彼を求めて止まないのは きっとそれを認め泳がせてくれるからかな
> 「こう思えないようでは 思い入れが足りない」とか
> 「痛みを快感と感じられなければM女として未熟だ」とか
>そういう枠組みが一切なくて 自然な感情をありのままに受け止めてくれる
>だから私も自身をありのままに吐き出せる

>そして気付いたら。。。
>どうしようもなくMなワタシが存在している

ここの部分・・私にはよくわかるなぁ。
 というか。
私のオツキサマもこういう枠組みを一切、私に押し付けて来ない人なんです。

むしろ初めの頃、こういう枠組に拘っていたのは私のほうで、
枠組みを明示してくれたほうが、そこに嵌ればいいわけで、
ある意味「楽」なんですよね。(笑)

それに私は・・
実は「マゾ」というラベルそのものに、変に拘りがあったのかもしれない。
今では、自分がマゾかマゾじゃないのかなんて、もうどうでもよくなっちゃったんですが。(笑)

>まだ“ワタシ”のM性を認識しながらも 自覚したくない常識人の『私』がいます

それでも、客観的に見ればきっと私はマゾなんだと思う。(笑)
ただ、私はそれを自覚しながらも、あくまでも常識人で居たいと思っています。
たぶん。SだMだなんて、そんな特別なことでも、大層なことでもない。
大きな声じゃ言えないけど、ちょっと変わってるだけなんだと思ってます。(笑)

こちらこそ、どうぞこれからも仲良くしてくださいね。^^
Posted by sizuku at 2004年11月16日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1017527

この記事へのトラックバック

“百人百様”〜名越康文さんの解説
Excerpt: シンクロシニティー(synchronicity:共時性) 心に思い浮かぶ事象と現実の出来事が一致すること。 ユングの用語。 gooの辞書より カレーをカレーライスにしたように‥ ユングを日..
Weblog: +++甘美で淫靡な泪壺+++
Tracked: 2004-11-12 12:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。