2004年12月14日

ふたご座流星群

思い切り部屋を温かくして、窓を開け放ち、
ゆっくりと薄雲が流れていく初冬の夜空を眺めていました。

目印は、私の部屋の窓からちょうど真ん中に見えるオリオン座。
静かな夜。じっと目を凝らして見上げる空。

「あ・・。」 ・・都会の空にも星は流れた。

「今の、見えた?」
小さく呟いてみた私の声は、今まさに目にしたばかりの流星のように、
冷たい空気に吸い込まれるように消えていった。

今夜は、貴方も見ただろうか。・・ふたご座流星群。

 貴方の空のほうが、きっと澄んでるよね。
 そして空気はきりりと冷たいだろう。

夜空を眺めながら私は、特別未来に願うこともなく、
ただ今、この流星群を、貴方もそこで見ていてくれたらいいなと思っていました。
posted by sizuku at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(^_^)/ thorn_roseです
トラックバック、ありがとうございます♪
私は20分くらい粘って、やっと一つ‥見ることができました。(^^;;;
心の中に“ご主人様”を抱きながら、子ども達と見る星空も、
ま、なかなかオツなものでした"^_^"
m(_ _)m
Posted by thorn_rose at 2004年12月14日 10:39
thorn_roseさん。^^

>私は20分くらい粘って、やっと一つ‥見ることができました。(^^;;;

ん。良かったです。^^

壮大な天体ショーを眺めていたりすると、
つくづく人間なんてちっぽけなイキモノだなぁ、とか感じますよね。

「生かされている自分」を感じちゃったりする私は、大袈裟なんだろか。^^;
Posted by sizuku at 2004年12月15日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。