2005年01月10日

わからない

今日は、背の高い貴方が、
骨太だけど肉の少ない、がっしりとした貴方の身体が、

まるごとそのまま貴方の性器に見える。


その全身を舐め尽したい。
丹念に隅から隅まで味わい尽くしたい。

何が好きって、私、他の何でもない、
きっと貴方の性器が好きなんだ・・。

愛しいもの、愛しいもの、
この世で何よりも愛しいもの。


ぁぁそして
あの絶妙な、貴方のタイミングで、

どうかその頭から、
貴方全部で、私の中に入ってきて。

・・お願い。お願い。入ってきて。

 あぁ、ここに。

貴方まるごと。ずぶりと。

お願い。私の中に入ってきて。

 ――――――――――

「貴方なんか、ただのペニス。」 そう思う私が居る。

そうよ、貴方の正体なんてただのペニスなのに・・

どうして私は、こんなに恋しいんだろう。
どうして貴方が、私はこんなに愛しいんだろう。
posted by sizuku at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「あんたなんてただのナカユビよ」っていう、内田春菊の作品がありましたなあ。

そんな一言で、あけましておめでとうございます。
Posted by LSTY at 2005年01月11日 19:04
LSTYサマ。^^

「あんたなんてただのナカユビよ」

そういえば、そんなフレーズ、どこかで見た気がしました。
そうかぁ、内田春菊さんだったのね。 ありがとう。^^

と。これは・・どちらかというと、侮蔑の意味が込められてるのかな・・。
(その作品を読んだことがないので勝手な推測なんですが。)

なぁんて書きながら・・もしも、もしもね、
私にとっての私の中指、って意味なら・・それはあながち侮蔑ではなく、
むしろある意味 「過大な褒め言葉だったりして〜(笑)」 ってなことを、
ふっと考えちまった私です。(笑)

 レス遅れてごめんなさい。^^; 今年もよろしくです。^^
Posted by sizuku at 2005年01月13日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。