2005年02月14日

My Funny Valentine

Valentine.jpg

たとえ私にはコイゴコロ満載でも、
私たちにとっては、バレンタイン・ディなんて何も特別な日じゃない。

私だって、特別チョコレートに拘わってるわけじゃないし。

強がりではなくて、実際にチョコレートを渡すか否かより、
私にはいつだってチョコレートを渡したい気持ちがあることを、
貴方がいつも感じて、知っていてくれればいいと思う。

ただ・・出来ることなら、チョコレートにでも託けて、
今宵こそ貴方に逢えたらいいのにな。と思う。

逢えたなら・・ねぇ、どうか非道く苛めて欲しい。

「嫌っ。」「やめて。」「助けて。」「赦して。」
私にそんな悲鳴をあげさせて。どうか泣き喚かせて。

私の、チョコレートよりもスウィートなコイゴコロを、
充分承知で踏みにじるような、情け容赦ない、そんな愛し方をして。

それでも感じて堕ちていく私を、
変態の貴方の口から、どうか変態と罵って。

そこには、愛だの、恋だの、好きだの、想いだの、
そんな感情は、これっぽちも要らないの。
posted by sizuku at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさん

トラックバック、ありがとうございました^^

>そこには、愛だの、恋だの、好きだの、想いだの、
>そんな感情は、これっぽちも要らないの。

私もそういったものからは、出来るだけ遠ざかっていたいと思っています。

でも、その底にあるものは、
適当な距離をとっていれば安全、というような、
上澄みだけ頂こうとする利己的な考え方なんですけれど^^;

sizukuさんのオツキサマの「愛着」と、
sizukuさんの「コイゴコロ」は、
重なり合い方が微妙ですね^^
でも、ほんのほんのちょっと重なった部分を、
目の前で無理矢理引き剥がしてしまうオツキサマに
どうしようもなく惹かれてしまうんですものね。

私は、踏みにじられるような愛され方は色々思い出す辛いことが多すぎて、
いまはまだ、ノ〜サンキュ〜です^^

でも、それでも感じてしまうsizukuさんは、
何だか「萌え」です^^
Posted by アル at 2005年02月16日 13:02
アルサマ。 m(*..)m

自分でTBしておきながら、
よくもまぁこんなコメントしづらいだろう記事にコメントしてくださったと、
今、心から感謝の気持ちで一杯です。
 お気を煩わせてしまったかな・・ごめんなさい。

今、戴いたコメントを何度も読み返してみて、
アルサマが、精一杯に私の記事を受け止めてくださって、
とても丁寧にコメントくださったこと、あらためて感じます。
 ・・ありがとうございました。

思うこと・・。ここに続けて打ってもいいのですが、
ここだとまたアルサマに、余計なお気を遣わせてしまうことにも
なりかねないので、新記事を起こすことにしました。
(どうぞ、放置の方向で。(笑)

アルサマ・・。 ほんとうにありがとうございました。 m(_ _)m
Posted by sizuku at 2005年02月17日 03:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。