2005年03月21日

【桜の記憶 2005】

夜桜


今年もまた桜の季節がやってくる。
最後にその声を聴いてから、また一年が経とうとしている。

もう何年繰り返されただろう。
いつも男は微かな桜の香に乗って、電話をかけてきた。

――――――――――――――――――――

「オマエの声が、聴きたくなったんだよ。」
変わらず勝手な言い草だった。

「ワタシの声・・思い出すことなんかあるの?
ワタシはアナタの声なんか、とっくに忘れていたけど。」

それは確かに本当のことだった。

「忘れるわけないだろ。あんな声。」

男の声は忘れていたが、
電話の向こうでそう言った男の目を、ワタシは覚えていた。

「いい場所、見つけたんだよ。あそこなら、誰にも邪魔されずに楽しめる。」

男が何を言っているのかはすぐにわかった。

「再来週末あたり、どう? 来週じゃまだ早い。」

「ううん、行かない。」
「そうか。」

男の返事もあっさりしたものだった。

――――――――――――――――――――

満開の夜桜の道を、二人並んで歩いたことがあった。

月明かりで青白く見えた花びらが、風の加減で舞い散り、
地面に落ちたそれは、踏み躙られてすぐに汚れた。

「今すぐ、ここでヤらせろよ。」
人通りのある道で、男の冗談とも本気ともつかない囁きに、
そのときワタシは濡れた。

部屋に入るなり、ドアに背を押し付けられて立ったまま犯された。

「アっ・・ああっ・・。」

「ふん、いつでも用意万端。濡らしてんじゃねぇよ。」

男の下品な言葉が、ワタシを一層昂ぶらせた。

「ぁぁ、止めて、言わないで。・・ぁっ、ぁっ、いい、
いい。いや。・・ぁ。いやぁ、ぁぁぁ・・いいっ。」

床で犯されたあと、部屋中をぐるぐる這い回された。

「どんなケモノでも、オマエみたいな声はあげないよな。」

男は、ベッドの端に腰掛けて煙草を燻らせながら、
四つんばいのワタシがその足元を横切る度、楽しそうに
ワタシの剥き出しの尻めがけて革のベルトを振り下ろした。

――――――――――――――――――――

「で。彼とは上手くいっている?」
「ええ。」

「ふーん、それはいいことだね。」
「・・余計なお世話だと思うけど。」
「こりゃ、失敬した。」

一瞬の間のあと、男が言った。

「オマエの声さ、凄いよな。」

「うるさかったよね。ごめんね。」
ワタシはわざと謝ってみた。

「いや、別に。あれはあれでいいさ。」
「そう?」
「興奮するんだろ? 自分の声に。」
「・・うん。」

「オマエはさ、そういう女なんだよ。イカれ具合がたまらないね。まったく。」

男の声は楽しそうだった。

「・・さて。今年もフラれたことだし。そろそろ、切るよ。」
「うん。」
「また連絡する。」
「もう、いいよ。いい加減・・。」

「ふん・・待ってるくせに。」

そのとき男が、あの目で笑った気がした。

「なぁ。オレのチンコも忘れたか? いつもオマエがあんなに欲しがった。」

切り際、受話器越しの男の囁きは、また冗談とも本気ともつかなかった。

「・・とっくに、忘れたな。」
「そうか。」
「うん。」
それは半分本当で、半分は嘘だった。

毎年、風が温み、桜の話題が出る頃にだけ、
ワタシは男のアレと、男とのソレを思い出した。

「じゃ、まただな。元気でいろよ。」

去年も、同じ言葉で電話が切れた。

――――――――――――――――――――

ワタシは待っていた。・・のかもしれない。

けれど、もう今年、男からの電話はないだろう。

あの最後の電話のあと、
花がすっかり舞い落ちて、瑞々しい緑が芽生え、
人がまた桜の樹を忘れる頃、

ワタシはその電話番号を捨てていた。
posted by sizuku at 05:04| Comment(9) | TrackBack(1) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさん

いつもの少し可愛らしい(失礼)変態チックのsizukuさんもいいのですけれど、
この記事のsizukuさんは、正統派に変態チックで、ちょっと驚きましたけれど、
でも「いいなぁ」と感じてしまいました。

「いいなぁ」と思える私も、まぁ、そうなんですけれど^^;

それにしても、期間限定とはいえ、
ラブリーなこの背景とのギャップが…好きです^^
Posted by アル at 2005年03月21日 08:06
suzukuさんの文章ってポエムですね。
綺麗です。
読んでるだけで想像しちゃいます。
興奮できます。
suzukkuさんがステキだと思ったのは次の一言。

>人通りのある道で、男の冗談とも本気ともつかない囁きに、そのときワタシは濡れた。

ああ、そんな女性を喜ばせてあげたい。
そう思う。
可愛いもんね。
Posted by chats at 2005年03月21日 12:52
アルサマ。^^

「正統派の変態」って言葉に、ウけてしまいました。(笑)
普段の私は、やっぱり邪道なのね、とか思いつつ・・(笑)

最近ではようやく自分でもわかってきたのですが (・・って、最近なのか。^^;
私の中にはヒジョーにコドモっぽい部分と、
妙にヘンタイオトナな部分が同居してるみたいなんですね。

どっちもワタシなんですが・・
どうも普通に人前では、おちゃらけたワタシのほうが出現率が高いようで。

たまに発作のように、こんな文章が書きたくなります。(*..)

――――――――――
chatsサマ。^^

ポエムかぁ・・(’’) ・・ありがとうございます。(*..)

「読んでるだけで想像しちゃいます」って書いてくださいましたけど、
私も自分で書きながら、いろいろ想像しています。(笑)

その全部を文章にしたら、分量も内容も、
ものすごいことになっちゃいそうですが(笑)あえて書かないほうが、
chatsサマが褒めてくださった「エロティシズム」を感じて頂けるのではないかなぁ?
と、思っています。

・・と。chatsサマはよく「可愛い」って書いてくださいますが、
こんなヒネクレモノのどこが可愛いのか、自分ではさっぱりわかりません。^^;
Posted by sizuku at 2005年03月22日 00:27
>こんなヒネクレモノのどこが可愛いのか...

はい、お答えします。
そういうとこが可愛いんです。
とってもね。
ひかえめでいながら、
もう濡れてたらもっとサイコー。
そのギャップが男心をくすぐるんですよね。
意外性、それがエロティシズムの究極の姿だと思います。
suzukuさんには、その意外性を感じます。
ギャップを感じます。
エロティシズムを感じます。

suzukuさんって賢いと思うんです。
文章を読んでて頭のいい人だとすぐにわかります。
そういう人が実はすっごくエッチだったなんて
聞くともうダメです。
そのギャップに降参って感じ。

それにsuzukuさんのコメントを読んでると、
ああこの人はエッチのわかる人だなぁって思いました。
だからいいんです。
興奮しちゃうんです。

それと、前のコメントで好きだったのは「脱ぐための下着」を買いに行って「何やってるんだろう?」って思っちゃうところもステキ。

ところで、「脱ぐための下着」ってなんかすごくエッチぃですね。

やっぱり可愛い人です、あなたは。
Posted by chats at 2005年03月22日 10:10
sizuku様

こんなすてきな文章を書ける方に
>どうぞまた素敵な記事を。と期待しています。^^
といわれてしまうと
かなり緊張してしまいます。

本当に情緒的でいい文章ですよねぇ♪
俺の方からもリンクを張ってもいいでしょうか?
Posted by rocketz at 2005年03月22日 13:37
chatsサマったら・・ あわわ。(*..;

なんだかホメゴロシといった趣のコメント、恐縮です。(大汗)

・・っちゅーか。私、マジで可愛くもないし、賢くもないですから。^^;
 リアルで私を知ってる友人が聞いたら、きっと吹き出す・・。orz

でも、まぁ、こうして好意的に受け止めて頂けるのは、素で嬉しいです。
 ありがとうございます。 m(*..)m

で。で。ね? なんか、えっちぃですよね。(笑)<「脱ぐための下着」

――――――――――
rocketzサマも・・ お褒めくださってありがとうございます。^^

>かなり緊張してしまいます。

なんてご謙遜してらっしゃいますが、私は逆に、
rocketzサマのような冷静な文章が書けないので、
やっぱり今後のrocketzサマには大いに期待してしまいます♪

ところで。

>俺の方からもリンクを張ってもいいでしょうか?

えっと。・・というか。(笑)
 そもそもrocketzサマのほうが、
 先にリンクを張ってくださっていたような?(小声。^^;
 (「つながり・・・」というところ、あれ、リンクですよね?(笑)
Posted by sizuku at 2005年03月23日 01:34
suzuku様

あぁ(T_T)
リンクの件、ごめんなさい。
復帰したときに全部消したつもりだったのですが
もったいなかったので
とっておいたことを忘れてました(^^;
これからもよろしくお願いしますm( __ __ )m

そしてTBさせていただきました。
S男として少し共感できる部分もあったので♪
Posted by rocketz at 2005年03月23日 07:28
rocketzサマ。^^)ノ

泣きながら謝って頂くほどのことでもございません。(笑)

>もったいなくて・・

むしろ、お世辞でも光栄です。^^
 今後ともどうぞよろしくお願いします。

・・と。TBもありがとうございました。 m(*..)m

記事へのコメントは、あらためてそちらへ入れさせて頂きますね♪

 ――――――――――

・・にしても。chatsサマも。rocketzサマも。
 私は「sizuku」っちゅーナマエなんですが。(小声。(笑)
Posted by sizuku at 2005年03月24日 00:26
ぬぁぁぁぁぁ
本当に申し訳ありません。

もう、恥ずかしさと申し訳なさで
毛布にくるまって
部屋の隅で丸まっていたい気分です(T_T)。

ほんとごめんなさい。
Posted by rocketz at 2005年03月24日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

与えられているもの、求めているもの
Excerpt: 昔、疑問に思ったことがあって 相手に一度聞いたことがあります。 「縛られたり、目隠しされたり連れ回されたりして 怖くないの?」 と・・・・ やはり女性という立場を考えれば どう..
Weblog: 変態な日々
Tracked: 2005-03-23 07:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。