2005年03月27日

【飼い犬】

首輪


「俺の飼い犬にして欲しいか?」 唐突に男が言った。

街で男に声をかけられ、
被虐の快感に溺れるような性交渉を持つようになってから、
半年余りが過ぎていた。

ワタシはとっくに男の飼いモノだと思っていたが、
そうか、男はまだワタシを野良扱いしていたのか・・。

過去の男たちは皆、すぐにワタシに首輪をつけたがったが、
そういえばこの男はワタシに芸を教えても、鞭打っても、
首輪をつけてリードで引くことはなかった。

「俺に飼われたいか?」 男は重ねて聞いてきた。

なんと答えたらいいのかわからなかった。

「飼ってください」と口にすることには、もはや何の躊躇もなかったが、
それがかえってワタシには空々しく感じられて、
そんな言葉でいいのだろうか、と思わせたのに違いない。

「なら、明日から毎晩、俺の家まで来い。覚えてるだろ?」 男は続けた。

男の住むマンションは閑静な住宅街の中にあって、
一度だけ男の帰宅に伴って、タクシーでその前まで行ったことがあった。

「あの、上から三番目、いちばん右端が俺の部屋。」
降り際に男はそう教えてくれて、
ワタシはタクシーに乗ったままでその窓を見上げ、
それから15分程離れた自分の部屋に戻ったのだった。

「何時でも構わない。ただし欠かさず毎晩だ。
そして来る1時間前と、着いたら、必ず携帯にコールするように。」

男は何を目論んでいるのだろう。
・・そのときのワタシにはまだわかっていなかった。

そうして翌日からワタシの日課が始まった。

――――――――――――――――――――

「これから向かいます。」 「待ってるよ。」
初めて電話をしたとき、男は何の抑揚もない声で、そう言った。

「着きました。」 「よく来たね。」
ニ度目の電話も同じだった。

男のマンションの前は、小さな児童公園になっていた。
小さな街灯が灯る公園は、少し外れると薄暗く、
周りを取り囲む茂みの、真夜中の風は薄気味が悪かった。

「そこから俺の部屋がわかる?」
ワタシは前に教えられた窓を見上げた。
男の部屋の明かりが、二度、点いて消えた。

「ぁ。・・ええ、明かりが。」
「そうそう、そこ。オレからはオマエがよく見える。」
もう一度、明かりが点いて消えた。

「さて。じゃぁ、していいよ。」 「え?」

男のマンションはオートロックになっていて、
暗証番号がなければ入れない。

「していい、って・・何を?」 ワタシは聞き返した。

「眠る前にはオシッコだろ。」 男の声は冷めていた。

「ど・・どこで・・。」 ワタシには、ようやく男の目論見がわかった。

「お好きなところで。」 男は笑っているようだった。

見回すと、そこには格好の児童公園があった。
無言の受話器を握り締めたまま、ワタシは男の窓を見上げた。

男はあの暗い窓から、ワタシの一部始終を見下ろしているのだろう。

何分そうして居ただろう。いや、ほんの数秒かもしれなかった。
「それって・・」「えっと・・」「つまり・・」
ワタシが何を言っても、男からの返事はなかった。

ワタシはとうとう意を決して、辺りの様子を伺いながら茂みに蹲った。

着てくるものに迷ったけれど・・
こんなことならこんな明るい色のロングスカートを選ぶんじゃなかった。
ご丁寧に下着なんか着けてくるんじゃなかった。

出掛けに用は足してしてきていたし、
誰かに見られているのでは?という緊張感から、
ワタシには尿意など湧き上がってくるはずもなかった。

「・・出、ません・・。」

出ないで済むことでないことはわかっていながらも呟くと、
耳元で突然 「出せ。」 と、男の強い口調がした。

震える身体に絞るように力を込めると、"それ"より先に涙が零れた。

どのくらいの時間がかかっただろう。
ワタシはいつしかすすり泣くような声を出していて、
ようやくほんの僅か。

「・・出ました。」
やっとそう告げることが出来た瞬間、
ワタシはぐったりと地面に膝を着いてしまった。

「よく出来たね。」 「はい。」

「じゃぁ 帰って、ゆっくりおやすみ。」 「ぁぁ・・ はい。」

男の声は優しくなっていた。

――――――――――――――――――――

翌日から男は、ワタシのかける二度のコールには出なかった。

そして昼間、あるいは夜、共に過ごすことがあっても、
一度たりともその日課の話に触れることもなかった。

ただワタシが着いたことを知らせるコールをすると、
部屋の明かりが決まって二度、点いては消えた。

ワタシは律儀に日課をこなすと、帰って眠った。
雨の日も、風の日も。
どんなに深夜になってしまっても。生理の日も。

ある日いつものようにその場所に着くと、
ワタシの名前が書かれた小さな紙袋が無造作に置いてあって、
中に首輪が入っていた。

ワタシは嬉しくなって、急いでその首輪を嵌め、
男の部屋を見上げながら、半ばうとっりとして用を足したが、
その日から数日間、男の部屋の明かりは点滅しなかった。

――――――――――――――――――――

ときどきワタシは、男がそんな私の様子を
本当に見ているのかどうかわからない、と思う日がある。

でもたとえそんな日があっても、もはやワタシの日課には何の変わりもなくなった。

そしてワタシは、ようやくわかった気がする。
おそらく・・飼い犬とは、飼われるとは、こういうことなのだろう・・。
posted by sizuku at 05:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさん

sizukuさんの「変」の加減って、ドロドロしてなくて、
かえって透き通ってるような気がしますね。
sizukuさんの選ぶ言葉の所為でしょうか。

>ときどきワタシは、男がそんな私の様子を
>本当に見ているのかどうかわからない、と思う日がある。

飼われる、ということは、最早、そんなことが気にならなくなる、ということです、
私にとっては。

飼い主だって、私の日課をいちいち確かめようと思わないと思います。
日課を与えられて、首輪を与えられて、
自分が、飼い主の心の隅っこに引っ掛かる存在だったらいいな、と思います。

Posted by アル at 2005年03月27日 19:51
sizukuさん、こんばんは。

>ときどきワタシは、男がそんな私の様子を
本当に見ているのかどうかわからない、と思う日がある。

ドキッとしました。
実は似たようなことを言われたことがあります。
その子はずっと見てないと凹むようで
先日、凹んだってメールがきました。
たった数時間見てなかっただけなのに。。。
飼い犬の飼い方もわかってなかった私。
久々に凹んでいます。


Posted by chats at 2005年03月28日 01:07
アルサマ。^^

いつもながらアルサマのコメントは、飾りがなくて、
真っ直ぐに私の内側に向かってくるような気がします。
そんなコメントが私は嬉しいのです。いつもありがとうございます。

>飼われる、ということは、最早、そんなことが気にならなくなる、ということです、
>私にとっては。

なるほどなぁ、と思いました。
また少し「アルサマの感覚」を、垣間見ることが出来たような。^^

この文章は「男」と「ワタシ」のストーリーですが、書いてるのはもちろん私です。
だから「ときどきワタシは、男がそんな私の様子を、本当に見ているのかどうかわからない、と思う日がある。」というのは、やっぱり私自身の感覚なんですね。

「最早、そんなことが気にならなくなる」というのは、私にしてみれば
「すごいなぁ・・さすがだなぁ。(’’*)」という感じです。
ちょっと憧れちゃう。

でも、私はとてもとても、そんな(いい意味での)強さは持てないだろうと思います。^^;
それは、私の中にある、SMそのものとはたぶん別次元の「恋心」のせいだと思うんですが。

ただ、その「恋心」は、おそらく私の一方的なもの、なんですね。(笑)
そして(ちょっと変に聞こえるかもしれませんが)私はそれに満足しているんです。
私の中の感覚では、お互いに「好きだ」「好きよ」では、今のような二人の関係は
きっと成り立たないと思っているので・・。

だから、アルサマの

>飼い主だって、私の日課をいちいち確かめようと思わないと思います。
>日課を与えられて、首輪を与えられて、
>自分が、飼い主の心の隅っこに引っ掛かる存在だったらいいな、と思います。

この部分にはとても共感してしまいます。(*..)

私は彼が大好きですが、
彼には、好きだ何だ、よりも、
ただ「愛着」を感じて貰えればいいなぁと思っているんです。

例えば、使い慣れたペンのように。飲み慣れたカップのように。
ちょっと邪魔臭いんだけど、彼の腕の中を定位置と決め込んで満足してる
彼の(ほんとの)飼い猫のように。

特別「好き」なんて意識がなくても、なんだか傍にないと不自然。
・・そんな感覚が「愛着」なら、私はそれこそがいいと思っているんです。

さてさて。

>sizukuさんの「変」の加減って、ドロドロしてなくて、
>かえって透き通ってるような気がしますね。
>sizukuさんの選ぶ言葉の所為でしょうか。

・・これ。ちょっと考え込んじゃいました。^^;

「透き通ってる」って感じて頂けるのは、私たぶんきっと嬉しいんです。
というのも、私はわざと隙間だらけの文章を書いてるフシがあるので。(笑)

ドロドロした部分、私の中にもやっぱりあると思います。
だけど「そうでない部分だけを切り取りたい」・・
例えば単純に「ぁぁ、綺麗だ」と見える写真のように。

もしアルサマが、それを感じ取ってくださったのなら、本当に嬉しいです。

ありがとうございました。^^

 ――――――――――
chatsサマ。^^

>飼い犬の飼い方もわかってなかった私。

おぉ。chatsサマにも飼い犬さんがいらしたのですね。^^
 そんなこと、ちっとも仰らないから・・。
確か前に「私もサルさんがほしい。」とか仰ってませんでした?(笑)

ダメですね〜・・「犬猿の仲」って言うじゃないですか。(笑)
 ワンちゃんが居るところに、サルまで飼ったら、
 間違いなく修羅場になりますよ?(小声。(笑)

・・っと、冗談はさておき。

女の子のタイプもそれぞれですからね。^^
「いつも、ずっと、ちゃんと見ててくれなきゃイや。ノ_;)」って人も
居ると思います。

私も基本的にはそのタイプだと思うんですが、
私のオツキサマはその辺りがきっと上手なので(?)
ほんとは見てないかもしれないのに、私には「いつも見てる」を
感じさせてくれてます。(笑)

にしても・・「たった数時間」って。^^;

chatsサマって、マメそうだからな〜。
 きっとそんなところが、ワンちゃんにはたまらないんでしょうね。^^

コメントありがとうございました。^^
Posted by sizuku at 2005年03月28日 01:47
初めまして。
アルさんのところをはじめ、色々な方々の場所から飛んで来てましたが、初めて書き込みします。
すみません。

私は主の玩具から最近、飼い犬に昇格したらしいです。昇格ってのも変ですし、玩具でなくなったわけでもないのですけど。。

飼い犬になったのは初めてで、どうしていいのか分からないのが現状で。
>おそらく・・飼い犬とは、飼われるとは、こういうことなのだろう・・。
というsizukuさんの言葉とアルさんのコメントで
自分の立場を理解していないのに自分自身、呆れてしまいました。
餌を欲しがるのだけ一丁前なので。。

主の心の隅っこにいる私が信じられなくて、
私と会話した後、もう思い出すことなんか無いのじゃないのかって。不安ばかりを山盛り抱えて逆毛立ててる飼い犬なんです。。
アルさんや、sizukuさんのように揺ぎ無い心を作りたいです。

sizukuさんの言葉好きです。
読んでいて、その場の光景が目に浮かんで自然に心に入ってくる文章と主への想いが真っ直ぐなところが好きです。


Posted by 花* at 2005年03月28日 23:25
花*サマ、はじめまして。^^

びっくりしました。そしてとても嬉しく思いました。

実は私も・・以前からときどき、こっそり、
花*サマの「ESCAPE」を拝見していたからです。

そして、とてもご自分に正直な、素敵な方だなぁ。(’’*) と思っていました。

私こそ、花*サマの書かれるものが好きです。
 あんなに素直に書けたらな。と、それは少し憧れのような。(*..)

コメント、ありがとうございました。


さて、何を仰るやら。(笑)

>餌を欲しがるのだけ一丁前なので。。

>不安ばかりを山盛り抱えて逆毛立ててる飼い犬なんです。。

・・私もそうです。まったく同じです。それは情けないくらいに。

日々ミナサマのブログを拝見しながら、自分のダメダメさを痛感しています。

 私の心が、仰って頂いているほど「揺るぎない」かと言うと・・
 ん・・正直、自信がないです。結構ぐらぐらしてるかも。^^;

ただ「好き」なんです。私は彼が「大好き」なんです。
 何があっても、結局辿り着くのはそこなんで・・。(*..;
 
あー。あほだなぁ、私。^^; もうどうしようもないですね。(笑)


えっと。今さらながら、で、申し訳ないのですが、もしよろしければ、
これからは、正々堂々と(笑)リンクリストに入れさせて頂いてもいいでしょうか。

花*サマのブログにも、ぜひお邪魔させて頂きたいと思っています。(*..)
Posted by sizuku at 2005年03月29日 05:11
これまた、ビックリしてしまいました。。
えっとこんなに褒めていただいて嬉しいやら、、恥ずかしいやら、、イヤ!嬉しいです。。

でも、私は正直な人間だとは思うのですけど、
素直な人間ではないです。
何時までたっても子供みたいにひねくれてて自分自身が嫌になることばっかりです。ハハハ・・・(自虐中です)

>ただ「好き」なんです。私は彼が「大好き」なんです。
>何があっても、結局辿り着くのはそこなんで・・。(*..;

うんうん!!声を四倍角にして私も叫びたいです。
それだけは!!なんて、、駄目奴隷な癖に!!

リンクリストですが、こちらからお願いしたいと思っていたところなのでとても嬉しいです。
私もコソコソせずに(笑)これからお邪魔させて頂きますです。
宜しくお願い致します。
Posted by 花* at 2005年03月29日 22:18
花*サマ。^^

リンクリストの件、さっそくにご快諾ありがとうございました。m(*..)m

>何時までたっても子供みたいにひねくれてて
>自分自身が嫌になることばっかりです。

ぁぁ?また私のこと?・・なんて思っちゃいました。(笑)

どうぞこれからもよろしくお願いします。^^
Posted by sizuku at 2005年03月30日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2616869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。