2005年03月29日

矛盾

今日はたまたま何箇所か、いつも巡回させて頂いてる方々のブログの中に
「お仕置き」の話題を見つけました。

過去・・これは彼との話ではありませんが、
行為の流れの中で「お仕置き」されたことは何度か。

そしてあの頃、それを嫌がりながらも、
やっぱりそれを貰える満足感に浸っていたのだろう自分を、ふと思い出しました。

「お仕置きだよ」と言われて、されながら「ありがとうございます」と言い、
泣きながら興奮してた私。・・あれも、確かに嘘ではなかった。

だけど、今思い返すと「あの頃の私っていったい何だったんだろう」という思いが
ふっと頭をよぎります。

そもそも痛いのが嫌い、苦しいのが嫌い、辛いのが嫌い・・そんな私は今まで、
本気で「お仕置き」を望んだことなんてないと思うんです。

それは嫌で嫌でたまらないもの。私は「お仕置き」なんかされたくない。
 そしてもちろん「ご褒美」としての、痛みも苦しみも辛さも、私は欲しくない。


 ・・とにかく私は、痛いのも苦しいのも辛いのも、嫌いなんです。

 ――――――――――――――――――――

さて彼は・・と言うと、私にはいわゆる体罰としての「お仕置き」をしません。

面と向かっては言わないけれど、私はそれを心からありがたいと思っています。

 だって私は心底「お仕置き」なんて嫌いなんだから・・。



なのに。


・・なのに。


彼は、私が「ぁ。しまった・・」と思うようなことを言っても、しでかしても、
即座に

「安心したまえ。おまえが嫌いな痛いことも、苦しいこともしてやらないから。」と言う。

言われた私は、瞬間「ぁぁ、良かった」とほっとする。


 と同時に。 


ふっとどこかで、ぁぁ・・物足りなさを感じてる・・。


「安心したまえ。」

「してやらないから。」
「してやらないから。」・・



・・ぁぁ、これはいったい何なんだろう・・。

 
 本気で嫌なもの。欲しくないもの。


 ・・私は嫌なのに。
 
 ・・そんなもの、要らないのに。
posted by sizuku at 05:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
するり‥ とかわして、近い間合いのギリギリのところで振り返る、しなやかな猫。。。
尻尾をくねくねとさせながらも、すっと首を伸ばしてお月さまを斜めに見上げてるような‥ "^_^"
‥ということで、足跡ペッタン。。。
(*^^*)
Posted by thorn_rose at 2005年03月29日 11:12
thorn_roseさん。^^)ノ

ん。thorn_roseさんは、いつもいつも、嬉しくて小躍りしたくなっちゃうほど、
素敵なネコのイメージを抱いてくださるのですね・・。
 ありがとうございます。(*・・*)

私はずっと、ほんとに自分はネコっぽいなぁって思ってきたんですが、
実は最近、オツキサマには「サル呼ばわり」されてます。^^;

でも言われてみれば確かにサルっぽいのかも?・・(’’;

足跡ありがとうございました。^^
Posted by sizuku at 2005年03月30日 01:23
うぁー、またうっとりするようなキレイな文ですね。

sizukuさんの中で、何かが変わろうとしているのがよくわかります。

はじまりの予感がします。

オツキサマは、sizukuさんの中に眠っている可能性をご存知なんでしょうね。

sizukuさんすら知らないsizukuさんを。

私は変わっていく瞬間が好き。

だからいまsizukuさんって最高に魅力的です。

蝶が脱皮して自由に空を飛べるように、sizukuさんが「目覚めた」後どんな空を飛べるか楽しみ。

だから好きなんですよね、サルさん。

あ、そうそう私の「飼い犬」は、残念ながら目の前には実在しない人なんですよぉ。

悲しいけれど。
Posted by chats at 2005年03月30日 04:41
chatsサマ、コメントありがとうございました。^^

>sizukuさんの中で、何かが変わろうとしているのがよくわかります。

>はじまりの予感がします。

・・むむ。そうですか?^^; ん〜自分ではよくわからないなぁ・・。

でも、だとしたら・・
chatsサマも、私の中に眠ってる可能性をご存知なのでは?(’’)

 なぁんてことを考えちまいました。(笑)
Posted by sizuku at 2005年03月31日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。