2005年04月01日

休日

ふっと思い出した。

幼い日、若い頃、
何度か母に言われた言葉。

 ・・ 「変な子。」
posted by sizuku at 15:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「変」って、何なんでしょうネ‥ ?(°_。)?(。_°)?
人間って結局、み〜んなどこかしら「変」なんじゃ‥(?_?)
・・・
って、「変」な私が言うのも「変」な話ですが‥ (^^ゞポリポリ
Posted by thorn_rose at 2005年04月01日 15:52
thorn_roseさん。^^)ノ

うん。ホント。「変」っていったい何だろう。

まぁ、母が言っていたのは「彼女の価値観に合わない私」なんだろうけど。
 でも繰り返し何度も言われると「そうかぁ。私は変なのか。」・・って。^^;

母親だけに、その影響力って大きかったのかもしれない。
 そんな「変な子」に育てたのは彼女自身のクセに、ねぇ。(笑)
Posted by sizuku at 2005年04月01日 17:58
sizukuさん

私も「変な子」ってよく言われましたけれど、
それは、本ばかり読んでる、とか、
女の子が好きそうなリボンや花やピンクや、そういうものに全く興味がない、とか、
そういう意味のようでした。

私自身は、いまも昔も、人と同じなのは嫌なので、
「変」でも構わないのですけれど、
子供の頃に耳にした「変な子」という言葉には、
「扱いにくい子」「何を考えているかわからない子」というニュアンスがあったような気がして、
そんなふうに思わせてしまう「変」というものは、
私にとっては辛かったように思います。

今は少し大人になったので、辛いばかりではありませんけれど、
子供のとき感じた「辛さ」が、
今の「変な自分を許して欲しい」と感じてしまうことに繋がっているのかもしれません。

…う、何が言いたいのか、解りませんね^^;
ごめんなさい。
Posted by アル at 2005年04月01日 20:03
アルサマ。^^

たまたま今、リアルタイムでPCに向かっていたので即レスしちゃぉ。(笑)

アルサマの仰りたいこと、実はなんとなく私にも当てはまるのかな。と思っています。

>今は少し大人になったので、辛いばかりではありませんけれど、

そうそう。それを「個性」だと思えるようになった自分も居るし。^^

だけど・・

>子供のとき感じた「辛さ」が、
>今の「変な自分を許して欲しい」と感じてしまうことに繋がっているのかもしれません。

私の中にも・・たぶん同じような感情があるんじゃないかなぁ・・。(’’)
Posted by sizuku at 2005年04月01日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2726199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。