2005年04月02日

「幸福感」

寝しな。ほんとにもう今日はこれで終わり、というタイミングで覗いた
いつもの巡回ルートのブログのひとつ、
アルサマの「髪の手綱」という記事に、瞬間、釘付けられてしまいました。

私が頭を踏まれて嬉しがる女だということは、前から彼に話してありました。

でも何故だか私は、漠然と、彼は私の頭は踏まないだろうと思っていた・・。

 ――――――――――

それは、あるタイミングで突然。

彼が、平伏す私の頭をいったん足蹴に掃って・・次の瞬間。

ぁぁ、踏んでくれた。 ・・ぁぁ、私、今、彼に踏まれてるんだ・・。

私はなんとも言えない気持ちになって、自然と涙が溢れ出しました。
 泣きながら、彼の反対の足の指を舐め続けて・・。

もちろん、人に頭を踏まれるなんてことが、普通に好きなわけじゃないです。

だけど。だけど。私はずっと、彼に頭を踏まれたかった。
 彼に踏みつけて欲しかったんです。

あのときの、彼の足の重さ。
「幸福感」 ・・それはまさに、その言葉でしか言い表せないもの。

彼を「好きだなぁ」と思うところはたくさんあるけど、

あの「幸福感」があるから私は、
彼から 離れられない 離れたくないんだと思います。
posted by sizuku at 04:41| Comment(6) | TrackBack(2) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさん

この「幸福感」を味わえる、ということが、また幸せなことだと思ったり^^;

主も、こんなことをする以上、やはり「変」ではあるのですけれど、
私は自分の「変」に対しては何故か卑屈になっていたりしてました。
それこそ変ですが(笑)

主はきっと、そんなことが好きな私の「変」を全然大したことじゃないと思っていて、
主も、開き直りとは違う、ある種の自信を持って、堂々と「変」でいる、
最近、そんなことを感じて、
それも幸せに感じる要素だったな、と思い返しました。

Posted by アル at 2005年04月02日 11:45
アルサマ。^^

まず、今回はTBもせず記事へのリンクを張ってしまいました。すみません。
張ったほうがいいのかどうなのか、ものすごーく迷ったんですが、
こちらはそんな大袈裟な記事が書けたわけでもないし・・と、
こっそり上げてしまいました。^^; もしご希望があれば仰ってください。

>この「幸福感」を味わえる、ということが、また幸せなことだと思ったり^^;

うん。ほんとに。幸せで、とてもありがたいことだと思います。(*..)

ん・・タイムリーというのかなぁ・・
実はここ何日か、私は自分の「変」について考えていたのですが、

>主も、こんなことをする以上、やはり「変」ではあるのですけれど、
>私は自分の「変」に対しては何故か卑屈になっていたりしてました。
>それこそ変ですが(笑)

アルサマのコメントを拝見して、
まさに「卑屈」という言葉が、私にも当て嵌まるように感じてドキリとしました。
 ・・で。私はまだ完全にそこから抜け出せていないようなんですが。^^;

>主はきっと、そんなことが好きな私の「変」を全然大したことじゃないと思っていて、
>主も、開き直りとは違う、ある種の自信を持って、堂々と「変」でいる、

えっと・・何日か前、オツキサマから貰ったメールには、
まさにこのことが書かれていたんです。

「俺は俺を変だと思わないし、たとえ変でもかまわない。
 もちろんお前を変だとも思わない。」・・というようなことが。

で、私はそれを、素直に受け止めることが出来なくて、頭にきちゃった。

私の中で「変」というのは、少し不思議な言葉で、
人から変だと思われることにはものすごく恐怖感があるんですけど、
自分が変だと思うことは、時にものすごく気持ちイイみたいなんです。^^;
 ・・ほら、こんなのも「変」でしょ? と。(笑)

>最近、そんなことを感じて、
>それも幸せに感じる要素だったな、と思い返しました。

私もこの「変」への、自分の「変」な拘りから抜け出せたら、
素直にそう思えるようになるのかなぁ・・とちょっと羨ましく感じました。
Posted by sizuku at 2005年04月03日 00:52
sizukuさん

>人から変だと思われることにはものすごく恐怖感があるんですけど、
>自分が変だと思うことは、時にものすごく気持ちイイみたいなんです。

あまり簡単に「わかる」って言っちゃいけないと思うんですけれど、
でも、この感覚はちょっとわかる^^

人からどう思われようと構わない、と妙に開き直るくせに、
「変」と思われるのは怖いんです。
怖いし、気付かれたくないし。

本当に最近のことですけれど、
やっとですね、「変」でも、まぁいいか、とそんなふうに思い始めてます。
だから、全く拘りがないかと言えば、そうでもないのですけれど、
主がそれでいいと言えば、いいじゃないか、という、そんな感じです。

最後になっての御報告で申し訳ないのですけれど、
私の方からトラックバックさせて頂きました。
素敵な記事が拝見できて、とても嬉しかったです。
Posted by アル at 2005年04月04日 17:14
アルサマ。^^

>人からどう思われようと構わない、と妙に開き直るくせに、
>「変」と思われるのは怖いんです。
>怖いし、気付かれたくないし。

・・うん。まさにそんな感じです。(*..;
アルサマらしく表現してくださって、なんだか嬉しいです。^^

>だから、全く拘りがないかと言えば、そうでもないのですけれど、
>主がそれでいいと言えば、いいじゃないか、という、そんな感じです。

ここね、ここ。きっとこれがいちばん肝心なトコなんだろうなぁ。

大袈裟な言い方になっちゃうかもしれないけど、
たとえ世界中の誰からもそっぽを向かれてしまっても・・
彼がいいと言うならそれでいいはず、なんですよね。

私はそこをときどき忘れてしまって、なんだか一人であたふたしちゃう。orz
少しはアルサマを見習わなくちゃ。と思います。^^;

・・っと。重ねてのコメントありがとうございました。
 遅れ馳せながら、私もTBさせて頂きたいと思います。m(*..)m
Posted by sizuku at 2005年04月05日 01:25
なんかですね。。トラックバックしたかったけど、出来ないみたいで、、
私がバカだからなのか、二つ同時には出来ないのか、よくわかんないのですけど、、

この記事とアルさんの記事とに共感しましたので、あの、拙いものですが、書かせていただきました。
Posted by 花* at 2005年04月07日 17:00
花*サマ。^^ TBのお気持ち、ありがとうございました。

「共感」って。
とても嬉しい言葉です。今回は特にそう感じました。
記事の中身のせいかな。それとも最近の自分の心持ちのせいかな。

いずれにせよ、素敵な記事をありがとうございました。(*..)
Posted by sizuku at 2005年04月08日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

髪の手綱
Excerpt: 御主人様は「粗野」な、というか、「野蛮」なことは絶対なさらないと思っていた。 例えば、頬を張る、とか。 頭を踏ん付ける、とか。 髪の毛を掴んで引く、というような。 私は、そういうのが好..
Weblog: Pink Collar
Tracked: 2005-04-04 17:04

私だけの特権
Excerpt: 「あの時はびっくりしたよ、まさかはながそうするとは思わなかったから」 二人で逢った翌日のメッセでJがそう言った。 「私、何をしたのでしょうか・・?」 私はその日のことを覚えていたけど、Jの口から..
Weblog: ESCAPE
Tracked: 2005-04-08 17:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。