2004年07月12日

東京「稽古場公演」に幕。

浜辺に、不細工なアイ子と、猪八戒のように太った夫の大山が居ます。
そこにスナカメという男が近づいてくる。

 スナカメ おう、アイ子、アイ子じゃねえかよ。
       なに顔隠してんだよ。
       女優さんになったんじゃねえのか。
       いつテレビに出るか、谷のもん楽しみにしてんだぜ。
       ホントに出れるのかよ。顔隠すなよ。
       こいつさ、股ぐら臭くて虫もよりつかねえクセエ女なんだよ。
       こいつさ、見栄っ張りな女で、
       誰もマッチを買ってスカートん中見てくれるお客さんがいねえもんだから、
       自分でお金を出してお客さんのふりをして下さいねって、
       ふざけたこと言う女なんだよ。
       それでも誰もマッチを買ってスカートの中見てくれねえっていうから
       笑っちゃうよな。
       アイ子何? このアンちゃんは?
 水野   夫です。
 スナカメ 夫。いたんだ。
       こんなブサイクな女を嫁にもらう男がこの世の中に。
       おい、猪八戒。ブーブー鳴いてグルグル回ってみな。
 大山   ブーブー

  ――― 大山、スナカメの足元を這って回る。

 スナカメ 変わったヤロウだよ。
 大山   エヘヘ。
 スナカメ 笑うんじゃねえよ。
 大山   ブー。
 スナカメ オレはおめえの女房、いつも抱いてたんだよ。
 大山   ありがとうございます。
 スナカメ ありがとうございますじゃねえんだよ。
       おめえには、プライドってもんがねえのかよ。
 大山   アイちゃんを愛してます。
       いつまでも待つとです。
 
  ――― スナカメ、アイ子の目の前に足を突き出し、

 スナカメ アイ子。オレの靴下脱がせてくれや。
 水野   はい。
 スナカメ 四つんばいになってケツ突きだせや。
 水野   はい。
 スナカメ いいよ、いいよ。カメラで撮っときたいね。
       兄ちゃん、根っからの女優なんだよ。こいつは。
 大山   やめてください。
 スナカメ うるさいっ。

  ――― スナカメ、大山を蹴り上げる。

 大山   すいません。すいません。
 スナカメ 謝ってどうすんだよ。バカかよ。

そしてこの後の台詞が、以前にもご紹介した
「ふふふ。もう感じてるのか。」に繋がっていくのですが・・。

つかこうへいの台本はどんどん変わるんです。
1週間舞台があるとすれば、7通りの台本があるというくらいに、
毎日毎日の公演の中でさえ、その台本は進化していきます。
時にはその結末が、前日と180度違った内容になっていて度肝を抜かれたり。

3月から続いていた東京での稽古場公演が、
劇団の夏の地方巡業を前に、この週末でいったんの区切りとなりました。
で、飽きもせず私は、最後の最後、土曜日・日曜日と続けて見てきたのですが。

今回私は、さらにその後に続いたシーンに吃驚してしまいました。

なんとアイ子が、
こんなに罵倒されているのに、夫共々こんなに馬鹿にされているのに、
夫の目の前で、スナカメの太腿にすがりつくんです。すがりついて絶叫するんです。
「してっ、してっぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ。」と。
そしてスナカメの足元に崩れ落ちていく。

 ・・つかさんのお芝居って、なんでこんなにコアなんだろ。(’’)

もちろん、アイ子は最低だと思います。
でもそれは、スナカメも。大山も。
そして私・・アイ子は、最高だとも思っちゃうんです。

観客には、どの登場人物もかなり「痛い」です。

それを少し離れた目で観察するように見たり、どこかで自分と重ね合わせて見たり・・
と、お芝居の見方は、人それぞれだと思います。

ただ、つかこうへいのお芝居に嵌る人種っていうのは、
あの「痛さ加減」に、
少なくとも、嫌悪感を抱かない人たちなのだろうなぁ、と思う私なのでありました。

今回、印象に残った台詞。

ラストシーンなのですが、
「水野くん、今は人を信じ愛することが最も惨めな勇気が必要とされる時代です。
 しかし水野くん、君は海です。私が帰るべき港です。」

 ・・私の海は? そして港は?
posted by sizuku at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | つかworld | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、S的ブログをたどってきた雪兎といいます(^_^) 
わたしもつか芝居、大好きで、でもしばらく観ていなかったので思わず食い入るように読んでしまいました! わたしが好きなのは飛龍伝です。やっぱり犬!とか百姓!とか罵倒する台詞はいっぱいあるけれど、愛があるんですよね(^_^)

また観たくなっちゃった。
よかったらわたしのブログにも遊びに来てください。
ではでは〜☆
Posted by 雪兎 at 2004年07月12日 19:48
きゃぁぁ。(*^▽^*)
ブログを始めて以来、初めて、
「わたしもつか芝居、大好き」さんのコメントが戴けました〜。
めっちゃ嬉し〜♪
雪兎さんありがとうです。

もちろん「飛龍伝」もスキ・すき・大好き〜です。(笑)
「飛龍伝」なら、なんと言ってもあの一平ちゃんの切なさが、
もうたまらんのです。ノ_;)

雪兎さんの素敵なブログも拝見してきました。
えっと、リンク張らせて頂いていいかな?
ご紹介記事は後ほど、もうイッコのブログ
「@ another side」のほうに書かせて頂きますね〜。m(*..)m
Posted by sizuku at 2004年07月12日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/291419

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。