2005年04月14日

不思議なことに気づいた。

私はザーメンを出してもらうのが好き。

セックスしてれば、(避妊の実際は別として)当たり前に「中」に欲しいと思うし、
「そこ」がいちばん自然な場所で、その状態で一緒にイきたい、と思う。

だけど、じゃぁ絶対に「そこ」じゃなきゃダメなのか。と言ったら私は、
ある種特別な衝動を感じさせてくれる相手なら、別にどこに出されてもいい。

むしろ「そこ」じゃないほうが、異常に興奮することさえある。

 と、ここで
 「ある特別な衝動を感じさせてくれる相手なら」なんて言い方をすると、
 むやみな誤解を招きそうな気もするので、今は彼だけ、だけど。

 
お腹や胸の上、あるいは四つんばいの腰、お尻。
口はもちろん、顔でも、頭でも、
それはショーツ越しの「そこ」や、極端に言えば床でも。

 もし目の前で、わざと床にしごき出されたりしたら、私はきっと、
 激しくその床に嫉妬しながら、狂ったようにそれを舐め取るだろう・・。

そんなとき、それはつまり「彼そのもの」だから。

私は「出してもらえること」が何より嬉しいし、それこそが私の欲しいモノ。

出してさえもらえるなら、場所なんてどこでもいい。


不思議なこと、というのは、

そんなとき私は決してそれを「汚いもの」とは思っていないはずなのに、
一方で私は、ときどきそのときに「汚して。」と口走っていること。
 それは、ごく普通に「そこ」に出してもらうときでも。

本気で「汚い」などと思ったら、どこに出されるのも嫌なはずだろうに、
自分でも矛盾するようだけど、私はそれに、
何故か「汚される」というイメージも持っているのだ。

そしてそのことが、時に私をより激しく興奮させる。


彼のザーメンは、美味しいとか不味いではなくて、たまらなく彼の味がする。

私はそれがここに欲しいし、そこに欲しいし、あっちにもこっちにも、
どこにでも、とにかく欲しい。欲しい。欲しい。欲しくて欲しくてたまらない。

そして私はときどき、全身に彼のザーメンを浴びて、
のたうちまわりたいと夢想することがある。

 身体中の、ありとあらゆるところに「彼」をもらい、
 全身を、ぬめぬめ、ぬらぬらと濡らし、光らせて、粘らせて、

 ドロドロの「彼まみれ」になって、イくことが出来たら・・

 ぁぁ、私はどんなにか幸せだろう。


そして痺れた頭で思うのだ。
 
 「ぁぁ、彼の体液に、私は溶けてしまいたい。」
posted by sizuku at 02:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさんの記事を読んでいて、
臨場感たっぷりに想い出してしまって‥
で、自分の感覚として残しておきたくなって‥
なので、トラックバックしましたf(^^;)
またまた“違い”を感じて、
逆に、同じ人間なんて、人もいないナ〜なんて思いました(*^^*)
m(_ _)m
Posted by thorn_rose at 2005年04月14日 20:13
thorn_roseさん。^^

ヒトサマの記事を拝見していて、つい自分のことを思い出すこと、
自分とオーバーラップさせて考えてしまうこと、
 ・・あーあーそうそう私もそう。
 ・・うへーそうなのかー私はチャウよ。
とか。私もしょっちゅうです。^^

で。それが刺激になって、また次の記事が書きたくなっちゃうんだろうな。と。
 ふと我にかえったら、とんでもないもの、書いてそうな気がする・・。(笑)

TB、ありがとうございました。
そちらへのコメントはまた後ほど、そちらへ。^^
Posted by sizuku at 2005年04月15日 16:06
何度も何度も読み返し、、どうコメントして良いのか分からずに。
sizukuさんにいつもありがとうみたいなコメントを贈るのも見っとも無くて。

でも、やっぱり「ありがとう」がどうしても言いたいことなのだと思います。

>彼のザーメンは、美味しいとか不味いではなくて、たまらなく彼の味がする。

ここの部分がなんだか変に泣けてきました。

同じことを言ったことがあります。
素の時に「美味しいのか?」と質問されて。。

そして、最後の
>「ぁぁ、彼の体液に、私は溶けてしまいたい。」

精液と呼ばず、「体液」と表現したsizukuさんの
「溶けてしまいたい」という言葉が震えてしまうほどの刺激を受けました。

一体、何が言いたいのか分からないコメントですみません。
Posted by 花* at 2005年04月15日 22:35
花*サマ。^^

ありがとう・・だなんて。(*..)

ん・・と。最後の1行ですが、ここだけの話、実は私も
自分で打ちながら、自分でゾクゾクしてました。(笑)

花*サマはご自身のプロフィールに
「妄想癖、持っています。」と書いていらっしゃいますけど、
そういうところも、花*サマとは似てるのかもしれないなぁ。

私は、ちょっとした言葉や言い回しに、イメージがどんどん溢れ出してきて
止まらなくなるようなときがあるんですよね。^^;

だけど、私の書くものにそんなに反応して貰えるなんて、
それはきっと花*サマの想像力が、それほどに豊かで、
鋭くかつ繊細な感受性をお持ちだからなんだろうと思います。

私は読み手の花*サマに、助けられてますね。^^
だから「ありがとう」を言うのは私です。

ちなみに私は、自分の書いたものでもイける、お得な体質です。(’’*)
で。そんな私を彼は「ネタ要らず」と言って笑います。(笑)
Posted by sizuku at 2005年04月16日 02:36
>私は、ちょっとした言葉や言い回しに、イメージがどんどん溢れ出してきて
>止まらなくなるようなときがあるんですよね。^^;

うんうん!
止まらなくなって暴走しちゃうんです(笑)
でも、私の場合は単なる妄想狂ですけど。
なんだか、たくさん褒めてもらって恥ずかしいけど、、えっと嬉しいです。。

自分の書いたものでイケる。。
これまた共感いたします。
その時のイメージがまた湧き出してきて、陶酔しちゃうのです。
二度美味しい。。(笑)

私がブログを書く意味は、
自分の気持ちを再確認するためのものであり、
主へのメッセージであり、
記録でもあります。

でも、それらはもしかしたら名目上だけなのかもしれない。
私のしてることは、結局のところ、オナニーなのかもしれないなと、、最近、思うのですね。。

あ、sizukuさんがそうだとは思いませんよ。
sizukuさんの文章は読み手への気遣いがまず、前提にあるように思えますから^^

Posted by 花* at 2005年04月16日 22:22
花*サマ。^^

ブログの意味かぁ。(’’)
そうですね、私にとってもいろんな意味がありそうな気がします。

ただ私の場合は、特別彼に宛てたメッセージを書いてるわけではないなぁ。
日々の記録というわけでもないし。
 それらにはブログ以外の、また別の場所があるので。(*..)

ん・・ただ、彼宛ではないけど。だけど、彼の視線はいつでも感じています。
彼はココでの私の「サルぶり」も、いつも見てくれているんじゃないかなぁ、と。(笑)

そう考えると、やっぱり私にとってもこれは自慰なのかもしれない。

>sizukuさんの文章は読み手への気遣いがまず、前提にあるように思えますから^^

気遣いがあろうがなかろうが、なにせ変態ですから。(笑)
Posted by sizuku at 2005年04月17日 04:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

まるで“ヴィックスヴェポラッブ”
Excerpt: sizukuさんのブログ記事 ≪不思議なことに気づいた。≫ を読んでいて、私は、また別の不思議なことに気付いた。 私も、“ご主人様”の体液が好き。 琥珀の液体も、甘い唾液も、そして、精液も‥..
Weblog: +++甘美で淫靡な泪壺+++
Tracked: 2005-04-14 20:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。