2005年05月14日

「許されない行為」

人の心の中には闇がある。

自分でも気づかないほど、小さいひとも居るだろう。
押し潰されそうに、大きいひとも居るだろう。

薄ぼんやりと曖昧な、霧のようなひとも居るだろう。
漆黒の、深い深い森のようなひとも居るだろう。

誰かにわかって欲しいと、積極的に晒すひとも居るだろう。
たった一人で抱え、苦悩にのた打ち回るひとも居るだろう。

 私は他人の闇を理解出来るほど賢くないし、
 決して思い上がりたくはないけれど、

どんな闇を抱えていても、どう向き合っていようと、
それがきっと、人が「生きる」「生きていく」ということなんだ。
 
だから誰もが、自分なりに精一杯生きればいい。

「誰がどんな生き方をしてもいい。」

 ・・ただひとつ忘れちゃいけないのは、

この世の中には、絶対に許されない行為もある、ということ。
posted by sizuku at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。