2005年06月03日

手のかかる女

closedサマの記事を読みながら、私は初めて彼と逢ったときのことを思い出した。

それまでの長い長いやり取りの後、私はとうとう、
「どうか、お願いですから、逢ってください。」という気持ちになり、
彼にそう告げたんだっけ。

だけどそれを告げたとき、
逢ってすぐに、そういう関係を持てるかどうかは約束出来ないとも言った。

 それはもちろん「お互い様」のことだけど、
 逢った瞬間に「違う・・」と思うことも、当然あるだろうと思っていたから。

「"覚悟"はして行きます。・・けど今、それを"約束"は出来ない。」

彼は言った。「うん。それでいいよ。・・でも、その"覚悟"は、しておいで。」

 ――――――――――

繁華街の駅前で初めての待ち合わせ。

あのときの陽射しの加減と、空気の肌触り、街の喧騒、そして自分の緊張を、
私は今でもしっかりと覚えている。

逢うなり私は、挨拶もそこそこに一気に喋り立てた。
お天気のこと、洋服のこと、ネットの話題、その頃嵌っていたヨーグルトの話まで。
 話題は何でもよかった・・
初めて現実に彼と並んで歩きながら、
私は彼との間に出来る「間」が怖かったんだろう。

初めて逢ったのだから、どこか静かな場所、
2人きりでゆっくり話が出来る場所に連れて行ってくれるといいなぁ、と
漠然と思っていた気はするけど、

「どこに行くの?」「何をするの?」実はそんな打ち合わせも何もなく、
私はそのとき彼の足が、確実にもうどこかに向かって歩き始めていたことに、
まだ気づいてはいなかったようにも思う。

ただ私は彼に遅れまいと、喋り続けながらも必死について歩いていた。

「ただ、ついて行けばいい。・・彼にすべてを任せる。」 ・・今思えば・・

待ち合わせ場所で逢った瞬間。
彼と「目」が合った瞬間に、私の気持ちはもう決まっていたのかもしれない。


それまでに、どんなにか時間をかけてやり取りを続けてきたとはいえ、
実際には全くの初対面の挨拶から、ものの30分・・。

私は彼の前で震えながらも、命ぜられるままに、自ら服を脱いでいた。


その日の自分の日記にはこう書いてある。

>肝心なことは黙ったまま他愛もない雑談を続け、
>その人に促されるまま、私はその建物に入った。

>すんなり着いて行った私を、その人はどう思ったのだろう。

>それを私が、暗黙の了解にした瞬間の、その人の気持ちが知りたい。


・・不思議だった。ほんとうに。

そこには「肝心」と思える言葉は何ひとつなかった・・。

 ――――――――――

逢う直前に、私は彼に言った。
「私は相当に手がかかる女だと思います。・・それでもいいですか?」

「かけ甲斐があればいいよね。」・・彼はそう言って笑った。


果たして私は、ただその手を焼かせるだけじゃなく、
彼にとって、その「甲斐ある」女だったろうか。

 ――――――――――

あの初対面の日、私がしたのは「私の覚悟」だった。

ずっと私は、その自分の覚悟をこそ大事にし続けてきたけれど、
最近になってふと思う。

彼は今までにそんなこと、一言だって口にしないけれど・・

あの日・・彼もまた「彼の覚悟」をしてくれていたんじゃないだろうか。


そんな「彼の覚悟」に、私は精一杯応えたい。
posted by sizuku at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント





連続投稿すみません。
またしてもjestineです。
この記事の最後の6行…
ものすごく大事な事を再確認させてもらった気がしています。

覚悟を決めたのは私だけではなかった。
忘れてはいけませんよね^^
Posted by at 2005年06月03日 21:03
>逢うなり私は、挨拶もそこそこに一気に喋り立てた。

sizukuさんのエントリーを読んで、
緊張の仕方も反応も、人それぞれなんだなぁ…と思って、
思わず笑みがこぼれてしまいました。

私がはじめてあの人に逢った時。
「こんにちは」のひとことすら口から出てこなかったんですよ。
頷くのと、聞かれたことに返事をするので精一杯。
自分がものすごく馬鹿になった気がしていました(苦笑)
あんな情けない自分、記憶から抹消したい…と、
ちょっとだけ思う(笑)

私は覚悟なんて全然できていないし、
あの人は覚悟なんてちっとも意識してないはず。
いつか覚悟のできる日がやってくるのかな?
こんなこと言っても、呆れないでくださいね…(笑)

TBありがとうございました。
Posted by closed at 2005年06月04日 01:44
jestineサマ。^^

こちらの記事にも、
ちょっとくすぐったい(笑)嬉しいコメント、ありがとうございました。

>覚悟を決めたのは私だけではなかった。
>忘れてはいけませんよね^^

なんか・・私、気づくの遅すぎかも。です。 (*..;
 ほんとに最近、ようやく気づいて・・。
と。・・こんな調子で、私はほんとに手がかかる女なんです。^^;

だから、それでも見捨てず向き合ってくれる彼には、ほんとに感謝。
Posted by sizuku at 2005年06月04日 01:49
closedサマ。^^

>緊張の仕方も反応も、人それぞれなんだなぁ…と思って、
>思わず笑みがこぼれてしまいました。

私も・・今、くすっと笑ってしまいました。(笑)
ほんと、人それぞれなんですね。^^

なんだろーなー。私は過度に緊張すると、何やらどうも、
かなり突拍子もない行動を取るような気がします。(’’;

>あんな情けない自分、記憶から抹消したい…と、
>ちょっとだけ思う(笑)

で。場面は違うけれど私も、
記憶から消したいくらいに情けないシーン・・あるなぁ。(*..;

いつかこっそりチャットして頂けますか?(笑)

たまたまclosedサマのブログでそんな記事を見たせいかもしれませんが、
いつかclosedサマと、リアルタイムでお喋り出来たら楽しいかもな、なんて、
ふと思いました。

わざわざのコメント、ありがとうございました。m(*..)m
Posted by sizuku at 2005年06月04日 02:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。