2004年08月08日

語り継ぐ意味

20代記者が受け継ぐ戦争
「鎮魂の夏2004」(東京新聞)

1. 死臭放つ娘抱いて
2. 『国のため』栄光と悲劇
3. せめて『生きた証しを』
4. 決死の気球 癒えぬ傷
5. 『生きて帰る』家族のため
posted by sizuku at 01:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 過去記事で申し訳ないが、TBさせてもらいました・・・
語り継ぐ意味と同時に、未来を考える事を忘れてもらいたくないと思いまして。
過去を振り返り嘆くのではなく、未来への教訓にしてもらいたいと切に願います。
Posted by at 2004年08月08日 21:49
敬サマ、コメント&TBありがとうございました。^^

>過去を振り返り嘆くのではなく、未来への教訓にしてもらいたいと切に願います。

まさに仰られる通りだと思います。
ただ感傷的に嘆くだけでは、未来に繋がりませんよね。
その為に、過去を風化させずに語り継いでいくことも大事なんだと思いました。
Posted by sizuku at 2004年08月09日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

世界情勢と地雷撤去作業
Excerpt:  正直・・・ これくらいの補足じゃ物足りね〜(笑) つか、もう少し突っ込んだ独自の意見も交えてほしかったな・・・ 特に各国の体制その他によってどんな事態に陥っているかなど。
Weblog: 『My interest』
Tracked: 2004-08-08 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。