2005年08月15日

その日、手にしたはずの「平和」を思う日に。

谷川俊太郎の詩(1968年)を、2編。

兵士の告白

殺スノナラ
名前ヲ知ッテカラ殺シタカッタ
殺スノナラ
一対一デ殺シタカッタ
殺スノナラ
機関銃ナンカデナク
素手デ殺シタカッタ
殺サレル者ヨリモ殺ス者ノ方ガ
何故コンナニ不幸ナノカ
ソノワケヲユックリト囁キナガラ
殺シタカッタ

殺スノナラアアセメテ
泣キナガラ殺シタカッタ


私は、殺されたくない。

私は、彼が、殺されてしまうかもしれない、と
考えることさえ恐ろしい。

 あなたは、名も知らぬ誰かに殺されたいですか?


私は、彼に、
誰も殺して欲しくない。

私は、誰も、殺したくない。

戦争は、殺し合い。
人が人を殺すこと。

 あなたは、名も知らぬ誰かを殺したいですか?


くり返す

くり返すことができる
あやまちをくり返すことができる
くり返すことができる
後悔をくり返すことができる
だがくり返すことはできない
人の命をくり返すことはできない
けれどくり返さねばならない
人の命は大事だとくり返さねばならない
命はくり返せないとくり返さねばならない

私たちはくり返すことができる
他人の死なら
私たちはくり返すことはできない
自分の死を


私は、真の平和というものは、
国境、民族、信仰・・そんな枠組みを越えたところにあると思っています。

例えば、自国を愛することと、
自分の国さえ潤えば、という利己主義は、まったく違う。

自分の民族に誇りを持つことと、他の民族を踏みにじること、の違い。
自分の信仰を大事にすることと、他人が信じるものを冒涜すること、の違い。

こうして言葉にすれば明白なのに、
愚かしくも人間は、未だ同じ過ちをくり返し続けているように思うのです。


果たしてその日、私たちが手にしたはずのものはいったい何だったのだろう。
 
 ・・今年の私は、今日この日、そんなことを考えながら過ごします。
posted by sizuku at 05:31| Comment(4) | TrackBack(2) | 俊太郎world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごめんなさい、たくさんトラバさせていただきました。この記事にだけコメント入れさせていただきます。
今日、高校生たちも含めて、20人弱くらいで、ヒロシマ・ナガサキを訪れたことの報告会を行いました。
そのときに、「戦争はなくなると思うか?」と言う質問を投げかけたひとがいて。
高校生たちは懸命に考えて答えていましたが、ほぼ全員が、「なくなってほしいけれど、人間が居る限りなくならないだろう」と答えていたのが非常に印象的でした。そして、よく自分のことを、まわりのことを、理想に流されずに、よく見ている、と感じて心強くさえ思いました。
科学者と被爆者の対話に象徴されるとおり、こんなについ最近まで、自分が、自分に直接繋がる人たちがお互いに痛めつけられたという意識から逃れられずに居て、そして、自分だけ生き残ったということに罪の意識を感じる人がいて。直接傷つけられたことに対して、たとえ戦争じゃなくても、その痛みをこらえて相手のことを思いやるってとても大変なことだと思うので、その状態で冷静に平和を考えるって本当に難しいことだ、とヒロシマ・ナガサキで痛感して帰って来ました。
でも、日本の被害にあった中国人の方が、原爆の被害を見て、憲法9条を知って、(日本の加害を糾弾するだけでなく)お互いの加害と被害をふまえて平和を考えなければならないと述べられたことも知って、何とかできるんじゃないかとも思いました。
いずれにしても、わたしたち戦争を体験しない者が、「過去に学び、過ちを繰り返してはならない」と言うことがなんて簡単で、想像力に欠けたことか、ということをふまえた上で、どうすればいいのかを考えなければならないのだなと、ヒロシマ・ナガサキに立って思ったのでした。
長々とごめんなさい。ほんとに難しい問題だなあと思っていて。わたしたちの手にある、今の「平和」って、本当の平和なんだろうか?と、sizukuさんの問いかけに呼応して思った、その続きを連ねました。
Posted by hyama@miyagino at 2005年09月04日 19:07
――――――――――
hyama@miyaginoサマ、はじめまして。^^

お気持ちの詰まったコメントありがとうございました。
(レス、遅れてごめんなさい。)
戴いたTBの記事も(また、他の記事も)拝見させて頂きました。

>ほんとに難しい問題だなあと思っていて。

hyama@miyaginoサマも仰る通り、私も
ほんとうに、ほんとうに難しい問題だと思っています。

世の中にはそれを「まるでラッキョウの皮剥き」
(考えても考えても答えなんか出ない)と、表現する人さえいます。
でも私は、今それを
「どうせラッキョウの皮剥き」と、投げてしまいたくはないんです。

すぐに答えは出なくても、簡単に答えは出なくても、
考え続けることを止めたくない、と思っています。

>今日、高校生たちも含めて、20人弱くらいで、ヒロシマ・ナガサキを訪れたことの報告会を行いました。
>そのときに、「戦争はなくなると思うか?」と言う質問を投げかけたひとがいて。
>高校生たちは懸命に考えて答えていましたが、ほぼ全員が、「なくなってほしいけれど、人間が居る限りなくならないだろう」と答えていたのが非常に印象的でした。
>そして、よく自分のことを、まわりのことを、理想に流されずに、よく見ている、と感じて心強くさえ思いました。

私は、若い人たちが希望を持てる世の中にしたいと思っています。
そしてそのために私は、私自身の希望や理想を持ち続けたいと思っています。

これからはときどき私にも、
hyama@miyaginoサマのブログ、拝見しに伺わせてくださいね。^^
Posted by sizuku at 2005年09月09日 20:03
はじめまして。love.logを読んでいて感じることは沢山あるのですが自分の中で消化できない感じです。だから魅力を感じるのでしょうか??
…で私のブログでlove.log紹介させていただきました。迷惑でしたら容赦なくいってください。でゎ。
Posted by 亀甲万 at 2005年09月29日 15:00
――――――――――
亀甲万サマ、はじめまして。^^
 レス遅れてすみませんでした。

消化・・
実は私自身、うまく消化できていないのかもしれません。(笑)

迷惑ではありません。
こんな更新の少ないブログでもよろしければ、どうぞよろしくお願いします。(*..)
Posted by sizuku at 2005年10月17日 03:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5908241

この記事へのトラックバック

60年目の8月15日を迎えて
Excerpt: 仙台は大雨です。冠水する道路も出ているようです。 今日は松島の花火も行われるはずですが、この雨では・・・どうなんでしょう、やっても。 松島の花火はもともと、御霊送りなんですよね? 灯篭も一緒に流します..
Weblog: 平ゼミな日々@みやぎ
Tracked: 2005-09-04 18:50

国賊作家セリーヌの戦争論
Excerpt: 「<善>なる戦争なんてない。善は戦わないこと、殺し合わ ない途を見つけることだけです。だから、どんな戦争に対して も、絶対的なノンnonしかない。(中略)『夜の果てへの旅』 の主人公バルダミュもノン..
Weblog: サブカル雑食手帳
Tracked: 2006-02-17 07:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。