2004年09月21日

「SMは信頼」?

前記事『これは「SM」の話ではありません。』には
たくさんのコメント/TB ありがとうございました。

今夜ようやく、一通りのコメントをお返し出来たと思うので、
その間つらつらと考えていたことを、書き留めておこうと思います。


私が元記事で言いたかったのは、
「何でもかんでもSMに帰結させないで。」ということでした。

拙すぎる文章で、みなさまを混乱させてしまったのかもしれませんが、
私はあの記事で「誰が悪い」ということが言いたかったのではないのです。
(あえて仮に「悪い」とするなら、私は「どちらも」だと思っています。)

SMって何でしょう。
主従って何でしょう。

それはそれぞれの人の気持ちの中にだけ、答えがあるのではないですか。
 Sはこうあるべき。Mはこうあるべき。
そんな括りこそが、私は危険だと思うのです。


「私はこんなサディストです。」「私はこんなマゾヒストです。」
人によって、それは様々なのは当たり前。
どんなSさんでも、どんなMさんでも、別に構わないじゃないですか。

ただ誰かと繋がろうとするとき、
その相手が、自分と合うか合わないかだけが、大事なのではないですか。


「自分と合うか、合わないか。」
・・矛盾するようですが、
その部分こそがつまり、私は、すでにSM以前の話だと思うのです。

Sだ、Mだ、ではなくて、
ただ単に「人と人として」信頼し合い、繋がることが出来るかどうか。


Sだ、Mだと言いますが、私はそんなのはただの性的嗜好だと思っています。
誤解を恐れずに言えば、私は本来「SMは信頼」なんかじゃないと思っています。

「信頼」なんていうのは、それ以前の問題。「人」対「人」の問題です。

SとMとの関係なんて、ただの加虐性癖者と、被虐性癖者の交わりです。
お互いにそれで気持ちがイイから、くっついているだけ。
だから、怖いんです。歯止めが効かなくなって、暴走をしてしまったときが。

だからこそ、まず「人と人としての信頼」が必要不可欠なのではないですか。


今回、たくさんの方のコメントや記事を拝見して、やはり
「SMは信頼」という言葉を多く見かけました。

その言葉に、当たり前の嬉しさと、
同時に、言葉だけが一人歩きしていく不安を感じたのは、私だけでしょうか。
posted by sizuku at 04:37| Comment(13) | TrackBack(0) | パンドラの罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
thorn_roseです
今回のことでは、本当にいろいろと考えさせられました。

  > 「何でもかんでもSMに帰結させないで。」

本当に、その通りだと思います。
当たり前のことですよネ‥ 「人」と「人」。本当に‥
でも、「基本に立ち返る」という言葉があるように、
「人」と「人」としての基本が、ことSMに関して、
その中でも「主・従」に関して‥
悲しいことに時として霞がかかってしまいがちになる‥
あってはならない事なのに‥

だからこそ‥
  > だからこそ、まず「人と人としての信頼」が必要不可欠なのではないですか。
「信頼・思いやり・愛情・命・覚悟・責任」
そういうものが必要不可欠なんだと思います。

そんなこんなが、無知からくるものであれば、学べばいいけれど、
知っていて、なお「見捨てられ不安」から来るものの場合は‥
とても複雑で‥
「信頼・思いやり・愛情・命・覚悟・責任」
そんな言葉さえ、心の上を滑っていくようにも思えます。

「信頼」という言葉を呪文のように口にするのではなく、
「信頼」するという心の動きの根っこになるもの‥
それを、お一人お一人がもっと見つめて、
まずは自分自身と真摯に向き合うことから始めないと‥
そんな風にも思います。
もちろん、自戒を込めて‥
m(_ _)m

まだまだ、お忙しいのが続き、大変だとは思いますが、
どうぞ、お身体をご自愛くださいネ♪
Posted by thorn_rose at 2004年09月21日 11:04
 本当に、色々考えさせられた問題でしたね。
確かに、人それぞれ十人十色のSMの形、愛情表現の形があります。
これが「SM」と言う定義はないのだと思います。
それは、各々のペアさんが形を築いていくもの。
誰がどうとか言う答えは、きっとないものだと思います。
 人としての暗黙のルール。
 お互いのルール。
それだけは、忘れないでいたいですよね。
そうする中で「信頼」というのは必ずついてくるものだと思うから・・・。

「SM」が「特別」の形ではなく、「SM」もひとつの「愛の形」だと思うので。
Posted by イツミ at 2004年09月21日 11:04
お邪魔します(*- -)(*_ _)ペコリ
ご丁寧なコメントを頂き 有難うございました^^
こちらから先にアンテナ登録しちゃいましたので
ご報告申し上げます。
これからもよろしくお願いします♪
Posted by 透徹 at 2004年09月21日 13:15
>誤解を恐れずに言えば、私は本来「SMは信頼」なんかじゃないと思っています。
>「信頼」なんていうのは、それ以前の問題。「人」対「人」の問題です。
快哉を叫びたいです。
本当にこれに尽きると思います。

>言葉だけが一人歩きしていく不安を感じたのは、私だけでしょうか。
sizukuさま以外にもここにひとりいます。
対人関係には浅いものから深いものまであり、
その中でもセクシャルなものには
より深い関係が要求されるでしょう。
何せ文字通り裸を晒すのですし、
SMだと行為中に危険なコトもありますから。
この深さを強調するために「SMは信頼」というのなら
話は解るのですが……。
Posted by ゆうこ at 2004年09月22日 01:19
こんにちは

>言葉だけが一人歩きしていく不安を感じたのは、私だけでしょうか。
一人歩きしてしまうのは確かに不安ですが
逆にその一人歩きしかねない言葉から
みんながいろいろなことを感じていければいいなぁと
思います。
(どうしてもSって言葉に力があると思ってしまいます(^^;)

事後連絡になってしまって申し訳ありませんが
リンク貼らせていただきました。
つながりです♪
Posted by rpcketz at 2004年09月22日 10:16
sizukuさん

「SMは信頼」
異議はありませんが、
sizukuさんも仰るように、信頼が必要なのは
何もSMに限ったことではないと私も思います。

そして、お題目のように「SMは信頼」と繰り返される、ということが、
かえって軽視されてるという証じゃないのか、
というのは、穿った見方なんでしょうね^^;

確かに、行為によっては、
命のやり取りをするような危険はありますから、
そういった意味で、真の信頼がなければ出来ないことかもしれませんが、
殊更に「SMは信頼」と強調するのはどうかと思います。

そして、「SMは信頼」と書くことで、
最初から信頼があるような錯覚を起こしかねないのもどうかと、
私は思うんですよね。
ある程度の信用は最初からあっても、
信頼は育っていくもののような気がします。

Posted by アル at 2004年09月22日 13:17
SMに限らず、恋人・夫婦・親・兄弟。
人とのつながりには凡て信頼がなければ付き合っていられない。
SMは信頼
確かにそうだけれど、記事中にありますように根本的な対人との信頼がなされていなければ意味が無い。
SMは=SMだから
ではなく
SM「も」が正解だと思う。
(正解・不正解があるなら)
其れなのに「SM」と言う性癖の前にその根本を忘れていては本末転倒だと思う。

今回は色々考える機会がありました。
同時に自分の中の腹黒さも見ました。
あの時あの記事で苛立っていたのは単純に自分と置き換えただけでした。
それすら気がつくのに暫し時間がかかりましたが。

信頼。
SだからMだからと帰結するのは本当に良くない。
同時に親だから子だからと言うのも然りで。

支離滅裂ですが、感想とお礼を。
Posted by 花岸菫 at 2004年09月23日 11:45
http://blog.livedoor.jp/lsty/archives/924721.html

 自ブログに書いたことにのっとって言えば、「MはSの作った物語に乗っかる」わけで、そういう意味でMはSに信頼感を持っていければいけないし、Sは魅力ある物語を創造し、かつMの背負うリスクをコントロールするだけの教養を持っていなければならない。

 だから、元記事のSには「Sたる資格がない」。なおかつ、Mだといっているその女性にとって、すでに二人の関係は「SM」という関係性ではなくなっている。だけれど好きだから断れない、なんていうのは、そりゃもう悲劇ですね。

 それで思い出した。イヤな愛について書いた記事ともリンクする。

http://blog.livedoor.jp/lsty/archives/489517.html

 愛を服従だと勘違いする人はいやですね。
Posted by lsty at 2004年09月23日 12:46
thorn_roseさん。^^

いつも暖かいコメントありがとうございます。
前記事に頂いた反響の大きさには、確かに戸惑いも感じましたけど、
それだけこの話題を深く考えてくださった方が多いこと、
やはり嬉しく思いました。

ただ、私の思いは思いとして、
やっぱり何かひとつの決まった答えがある話でもないとも思うのです。

願わくばこういう話題が「お祭り」的扱いでなく、
誰もがいつも考え続けていけたらいいのにな、と思っています。

――――――――――
イツミサマ。^^

ほんとに、いろいろ考えさせられました。
そしてそれは私自身にとっても、とても貴重で、意味深いものになりました。
みなさんがそれぞれに、ご自分の答えを見つけられればいいなと思っています。

――――――――――
透徹サマ。^^

リンクの件、こちらから先に申し出ておきながら、
順序が逆になってしまったようで・・申し訳ありませんでした。m(_ _;m

これからもよろしくお願いいたします。

――――――――――
ゆうこサマ。^^

ありがとうございます。
SM観に限らずですが、何事も「人それぞれ」と言いながらも、
やはり自分の主観に共感して頂けるのは、とても嬉しいことです。

特に自分は、少し穿った物の見方をする癖もあり、また、
「少し一般的な感覚とずれてるかな?^^;」と思うこともしばしばなので、
余計に嬉しかったり。・・(笑)

本当に、ありがとうございました。

――――――――――
rpcketzサマ。^^

>逆にその一人歩きしかねない言葉から
>みんながいろいろなことを感じていければいいなぁと思います。

仰る通りですね。^^
私も、こういう問題は、答えを出すことに拘るのではなくて、
考えたり話し合えることが大事なんだと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

――――――――――
アルサマ。^^

>そして、お題目のように「SMは信頼」と繰り返される、ということが、
>かえって軽視されてるという証じゃないのか、
>というのは、穿った見方なんでしょうね^^;

ん。やはり穿った見方、なんでしょうか。^^;
・・私もつい、そういう見方をしてしまうので。(笑)

アルサマのくださったコメント。まさに私の言いたかったことを、
上手にまとめてくださったように感じました。

ありがとうございました。

――――――――――
花岸菫サマ。^^

>支離滅裂ですが、感想とお礼を。

ちっとも支離滅裂なんかじゃないと感じました。
そして、お礼、なんてとんでもないです。

こちらこそ、ありがとうございました。

――――――――――
lstyサマ。^^

私は、愛情なんてどんなカタチでもいいと思うんです。
ようはそれを得て、その人が心から微笑えれば。
その人が心から「ああ、幸せだなぁ。」と感じられれば。

ごく端的に言えば、幸せとか、不幸だとかを感じる心は、
痛いとか、苦しいとかを感じる身体や心とは、
別の次元にあるんじゃないかと思っているのです。
Posted by sizuku at 2004年09月27日 01:50
かなり遅れてのコメントになってしまうことをまず最初にお詫びさせて頂きます。

私はSMの世界に脚を踏み入れて20年以上になります。どこをどうリンクして来たのかも判りませんが(苦笑)…色々なSM系のBlogを拝見して(Sだから避妊しない、等々)ゾッとするというか、嫌悪感で一杯になりながら、こちらの記事を読んで、やっとホッとした気分になりました。

>SとMとの関係なんて、ただの加虐性癖者と、被虐性癖者の交わりです。

SMをつきつめれば、そう、この一言になると思います。

最近では、「SM=主従」で、どこのBlogでも、ご主人様だ、調教だ、と言った言葉ばかりですが…そんなものは、女性が好きな男の横暴にただ耐える「共依存」か「疑似恋愛」、さもなければ、「ご主人様と呼ばせて自分のやりたいことを強いる似非Sの詐欺行為」でしかないように感じますし…「主従」を説く人が必ず口にする「信頼」もSMとは本来、無関係なものでしょう。

SMはただの加虐性癖者と、被虐性癖者の交わりです。それ以上でもそれ以下でもありません。
ただし、どちらも人間である以上、SMとは無関係に対等な人と人としての関係性もある訳で、当然、人と人との「信頼」も必要不可欠になってくる…それだけのことかも。

相手を「奴隷」と呼ぶ「ご主人様」なるものが口にする「信頼」や「愛」ほど不可思議な、虫酸の走るものはない…というのは言い過ぎでしょうか…。
Posted by Key at 2004年10月08日 04:36
keyサマ、はじめまして。^^

古い記事であろうが何であろうが、
ご意見やご感想を戴けるのはとても嬉しいです。
ありがとうございました。

私もどういうわけか以前から、
SM系のサイト・チャット・BLOGにはよく出入りしていましたが、
深く考えれば考えるほど、(私としては)違和感を感じることも多く、
最近では「あーもしかしたら、私こそ似非マゾなのねー。」と思うことで
妙に納得したりしています。(笑)
 というか、ほんとに「なんちゃってマゾ」かもですが。^^;

でも似非でも何でも、別にそんなこと、私自身にとっては
もうどうでもいい気がしています。
普段、ごく普通に社会生活を営んでいる私は、
命じられたならまだしも、自分から「私はマゾです」なんて看板を、
首からぶら下げて歩く趣味もないので・・。(笑)

なんとなく・・keyサマのコメントに触発されて書いてしまいますが、
私はほんとに「どうしようもない女」なんです。(笑)
自分が誰より思い知っている自分のどうしようもなさを、
ただ、分かち合ってくれる人が必要。・・それだけのことなんです。

私の気が狂いそうな気持ちよさを、それこそを、
相手の人も気持ちいいと思ってくれるなら、もう最高です。

 どこかが歪んでるし、何かが欠けてるんですね、きっと。^^;

ただ、私を本気で気持ちよくしてくれる人・・
振り返ると、それがみんなサディスティックな人だったのは何故なんだろ? と。(笑)
Posted by sizuku at 2004年10月10日 00:51
sizukuさん、温かいお迎えをありがとうございます。

そうですね…貴女のおっしゃる通り、歪んだ心や欲望が求めたものが、たまたまSMと呼ばれるものだった、そんなことなのかも知れません。
(ちなみに、その歪みがトラウマなどの精神的、後天的なものから来るのか、同性愛のように器質的、先天的なものから来るのは私自身にも判りませんが〜苦笑)

ただし、そういう部分だけが自分の全てではありませんし…これも貴女が言われていたことですが、「何でもかんでもSMに帰結させてしまうこと」には、そういう意味でも危惧を感じます。

とくに、パートナーという他者との関係性においては、SとしてMとしてではない…まっとうな、人と人としての関係性こそが…それが恋人なのか、友人なのか、師弟なのか、などは人それぞれとして…大切だと私は思っています。

またまた、つまらないことを書いてしまいましたが(笑)…こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。

最後になりましたが…Blogへの移行はすでに始めていますので、もし宜しければ、HNのリンク先からお越し下さい。それではまた…失礼いたします。
Posted by Key at 2004年10月10日 02:07
keyサマ。^^

>とくに、パートナーという他者との関係性においては、SとしてMとしてではない…まっとうな、人と人としての関係性こそが…それが恋人なのか、友人なのか、師弟なのか、などは人それぞれとして…大切だと私は思っています。

はい。私も同感です。

んと。そしてさらに一歩踏み込めば・・
私は、Sだとか、Mだとかいう性癖は、そもそも対外的に持っているものではなく、
常に自分の内に、内在しているものだとも思っています。
だからそういう衝動が湧き起こるのは、
Sであろうが、Mであろうが、何も特定のパートナーに対してだけではない。とも。
 もちろん、その衝動が実際の行為に発展するかは、全く別問題ですが。(笑)

(私見ですが)だからそこに安定を求める心理の表れとして、
「主従」とか「信頼」という言葉で表す関係性が生まれるのかもしれないなぁ、と。

さて。keyサマのBLOG、リストに入れさせて頂きます。
 ご諒解、ありがとうございました。^^
Posted by sizuku at 2004年10月10日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/639279

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。