2004年10月10日

「穴願望」

嫌っ。そっちじゃなくて、私を見て。・・と思う。

目の前に、四つんばいの、可愛らしい女性が居る。
貴方が、彼女を見下ろしている。

私は貴方の背後で、ただ呆然と立ちすくんでいるが、
 私の心の叫び声は、貴方に聞こえているのかいないのか・・
貴方は、私になどまるで無関心で、ひたすらシャッターを押し続けている。

カシャ、カシャッ。

貴方のシャッターを切る音に、
彼女の肌が、みるみる紅味を増していく。

柔らかそうなその肉が、じっとりと汗ばんでいき、
それはまるで爬虫類か何かのような、艶やかさだ。

貴方は無言のままなのに、
彼女はまるで貴方の指示に従うかのように、どんどんその体勢を変えていく。
 お尻を高く、
 足を開き、
 上半身は床と同化してしまうくらいに低く、
まるで、穴だけの存在を誇示するかのような。

私には、貴方の満足が、そのシャッター音の間隔から伝わってくる気がした。


ぁぁ・・。嫌っ。・・見たくない。
見たくない、そんな彼女も。貴方も。・・なのに私は、目が逸らせない。

「四つんばいもわからないのか?」

ファインダーを覗いたままの貴方の言葉にはっとして、
私はその場に崩れるように、膝をつく。

そして何かに憑かれたように、貴方に向かってお尻を突き出す。

ぁぁ、私も。私も。
・・だから、お願い。そっちを見ないで。こっちを見て。見てください。

カシャ、カシャ、カシャッ。・・再び、シャッターの音。

 ぁぁ、何を。貴方は、今、何を撮っているのだろう。・・私にはわからない。

ふっ、と「あぁ・・ぁっ。」・・彼女の、小さな歓喜の声が聴こえた気がした。

・・え。あ? ぁぁ・・そんなの嫌っ。嫌ぁぁ。 ・・私は叫んでしまう。

「うるさいな。」貴方の声。 ・・ぁぁ、そんな。そんな・・。


貴方に向かって突き出したお尻の、
貴方好みに剥き出しに剃り上げたアソコが熱い。痛いくらいに熱い。

 お願い、助けて。

慎ましやかな彼女の肉とは、おそらく正反対に、私という肉は、
野蛮で卑しく、限りなく浅ましいのだろう。
 そんな思いが、余計に自分をかき立てる。

「お前はちっとも素直じゃないが、この穴だけはいつも正直だ。」
背後の頭上で、私に向かって、いつもの貴方の声がした。


ああ。穴に。だから穴に。私は、ただの穴になってしまいたい。
 どうしたら私は、ただの穴に成り下がれるのだろう。

どれだけの汗と、涙と、叫びを、この穴から噴出し、垂れ流したら、
 私はただ、貴方だけの穴に、成り下がれるのだろう・・。


 触れてさえ貰えずに、泣きじゃくりながら、
 私はただいつまでも、自分のお尻を突き出し続けていた。
posted by sizuku at 14:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sizukuさん。。。どうしたの・・・
イコイコ♪(´・ω・)ノ"(っω・`。)
泣きたい時はいっぱい泣いていいんだよぉ。。。
涙が悲しみも一緒に流してくれるからね。。。

 イコイコ♪(´・ω・)ノ"(っω・`。)
Posted by itsumi at 2004年10月11日 23:04
お初にご挨拶を。
何れかM嬢の記事を辿り、貴嬢の記事に辿り着き以来しばしば覗かせて貰っています。
さてこの記事は非常に面白い。失敬、興味深い。
貴嬢の利発さ、勝気さ、健気さが伝わってくる。
失敬ついでに言えば、貴嬢は身を削って持論の立証に挑まれたというところか。
貴嬢のようにある一面に於いて非常に稀有なタイプとも言える女性は、ある種の人間から見ると非常に興味をそそられる存在です。うっかり挑みたくなる。
挑むにはこちらも生半可ではなく相当の覚悟が必要になるが、そう思わせるだけのものがあるのもまた事実。残念ながら人様のもののようなので、敬意を表して挑まずにおくとしますが。(笑)
貴嬢はまさに「どうしようもない女」だね。どうしようもなく濃厚で上質な肉の匂いがします。
Posted by 歪んだ男 at 2004年10月12日 00:49
sizukuさん

かつて、「穴」としてだけ存在していた頃のことを思い出すと、
不幸な扱われ方をしていたような気がしていました。
その時は幸せだったにもかかわらず、です。

でも、sizukuさんの記事を拝見して、
その人だけの穴ではなくなったことが、
全部の記憶を不幸なものに変えただけかもしれない、
と思い直しました。
その人が自分だけを見てくれるなら、
自分の全部の穴が淫猥な道具になったとしても、
それはやっぱり幸せだろうな、と。

…sizukuさんの記事の「想い」とはかけ離れたコメントだと思いますけれど、
そんなことを思いました。

Posted by アル at 2004年10月12日 08:37
これを読んで…女性が、まるで一つの意思を持った蠢く穴…果てし無く続く闇の中に私を呑み込んでしまおうという悪意を持った穴…そんなものに見えてしまう感覚を想い起こしました。そして、もしかしたらその恐怖が私に鞭を振るわせるのかも…。

で、リンクをわざわざ貼って頂いたのですが…livedoorはあまりにも使い物にならない為に(苦笑)、早々ですが、移転しました。
大変申し訳ありません。お手数の時にでもリンクを張り替えて頂けると幸いです。
Posted by Key at 2004年10月13日 13:03
istumiサマ。^^

んと・・私は大丈夫なのです。(*..;

んと。
焦れること、欲しがること、泣き叫ぶこと・・そんなのが、
私のエクスタシーにもっとも近い衝動なんです、と言ったら
少しはわかってもらえるかな。^^;

んと・・ごめんなさい。なんだか心配させてしまったみたいです。

 でも、心配してくださってありがとう。嬉しかったです。m(*..)m

――――――――――
歪んだ男さん、はじめまして。^^

>さてこの記事は非常に面白い。失敬、興味深い。

・・ん。何よりのコメントありがとうございました。m(*..)m

ただ・・
「身を削って持論の立証に挑まれたというところか。」と仰って頂いたところには、
思わず「う〜〜〜ん・・。^^;」と唸ってしまいましたが。(笑)

ときどき覗いてくださっているとのこと。
 これからもどうぞよろしくお願い致します。^^

――――――――――
アルサマ。^^

アルサマの冷静なコメントを拝見すると、
「ぁぁ、やっぱり私って相当に歪んでるんだろうなぁ。(’’;」と思います。

ぁぁ、そうだ。

>…sizukuさんの記事の「想い」とはかけ離れたコメントだと思いますけれど、
>そんなことを思いました。

とてもアルサマらしいお気遣い、ありがとうございました。^^

でもね、こういうコメントもとても嬉しいのです。(*..)

――――――――――
keyサマ。^^

「悪意を持った穴」・・ん〜・・そんな穴になれたらいいなぁ。(笑)

>そして、もしかしたらその恐怖が私に鞭を振るわせるのかも…。

んと。そして、ちょっとドキドキしちまいました。(*..;
 ・・こういう感じ、わりと好きだったりします。(小声。(笑)

えと。リンクの件、わざわざお知らせくださって嬉しいです。
少し遅くなりましたが、今夜ありがたく張り直しさせて頂きました。^^

――――――――――
 ・・と、コメントをくださった方々には、
 それぞれさらりと、個別の感謝の気持ちをレスさせて頂きました。

 が、もうちょっと書いておきたいことも出来たので、
 それは新記事にさせて頂きます。

 もし興味があれば、ご覧頂けると嬉しいです。 m(*..)m
Posted by sizuku at 2004年10月15日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/777974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。