2004年11月03日

電車の中で泣きました。

人に弱みを見せるのが嫌で、
いつも気持ちを張っていて、
頑張ってばかりいて、

甘えん坊の癖に、甘えるのが苦手で、
結局は甘えてる癖に、甘えてごめんなさい、とか、
こんなに甘えてばかりじゃ駄目だよね、とか、

それは何気ないやりとりの中、
字数制限のあるメールを打ちながら、
つい打ってしまった「甘えさせてね」・・

打った瞬間、私の目から、
ぽろっと一粒・・ 涙が、零れました。
posted by sizuku at 13:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きっとみんな同じで、甘えたくてもうまく甘えられないんですよ。
だから、心の余裕をなくして、目の前のものしか見れなくなって…

甘えたっていいんですよ。
泣いたっていいんですよ。
それもひとつの自分だから。
Posted by True at 2004年11月04日 11:27
sizukuさん

ちょっとだけお久しぶりです^^

オツキサマって、
(この場合のオツキサマはどちらかというとお空のほうの)
いつもは眺めているだけでいいと思うのに、
たまに、遠いなぁ、と感じたりしますよね。

オツキサマに何を言っても、ただ黙って聞いていてくれる。
だから何でも話せるのだけれど、
「甘えさせて」と寄りかかるには少し遠いかな…

私の空の月も遠いけれど、
私は近づいて欲しい、降りてきて欲しい、とは思わなくて。
ただね、遠いなぁ、と感じちゃうと、切なくはなりますね。
悲しいんじゃなくて、ちょっと切ない。

私も甘えベタ。
「甘えさせて」とお願いする、というそのことだけで安心してしまうかもしれません。

…あらら、長々とまた見当ハズレのコメントでした^^;


Posted by アル at 2004年11月04日 11:40
sizukuさん、こんばんは^^

滅茶苦茶甘えるのが苦手だった私も、
今ではすっかり甘え上手(?)というか甘ったれ、です。^^;

そのときこぼれた一粒の雫は・・・
sizukuさんにとって、とてもあたたかいものだったんでしょうね。

なんだか、そんな風に感じました。^^

素敵な記事をありがとうございました。
Posted by マリア at 2004年11月05日 18:00
Trueサマ。^^ おひさしぶりでした。

>甘えたっていいんですよ。
>泣いたっていいんですよ。

・・はい。(*・・*)
仰る通り・・そういうことなんですよね。

頭ではわかっていても、なかなかそう出来ずにいた私がいました。
どうして出来なかったのか、それを今考えてもわからないくらいに
「それが私、だった」と言うことしか出来ないという気がするんです。

そんな私が、この朝、生まれて初めて、
「甘えさせてね」とごく素直に口に出来たんです。
それは私自身にとっても、とても驚きで・・。

あの涙は、私の中の何かがふっと溶けた一粒だったのかもしれません。

 ・・暖かいコメントありがとうございました。 m(*..)m

――――――――――
アルサマ。^^

>私の空の月も遠いけれど、
>私は近づいて欲しい、降りてきて欲しい、とは思わなくて。
>ただね、遠いなぁ、と感じちゃうと、切なくはなりますね。
>悲しいんじゃなくて、ちょっと切ない。

わかります。

・・というか、まさに私もそんな感じがするんです。
 私も・・
オツキサマに、降りて来て欲しいなんて思ったことはただの一度もありません。

これだけは強がりでも何でもなくて
「お月様とはそういうもの。」・・そんな思いが、初めからあるのです。

どんなに高くあっても、
水面に影を落としたオツキサマには触れることだって出来るし、
オツキサマは、私自身のこの身体も、私の進もうとする道も、
いつだってちゃんと照らしてくれている。

ん・・と。今回は見当外れどころか、ものの見事に読み取ってくださった、
そんな気がして嬉しかったです。

 ・・柔らかいコメントありがとうございました。 m(*..)m

――――――――――
マリアサマ。^^

>そのときこぼれた一粒の雫は・・・
>sizukuさんにとって、とてもあたたかいものだったんでしょうね。

あー・・うん、そうなのです・・。 (*..)

通勤途中、朝の電車の中で零した涙はとても恥ずかしいものでしたが、
仰って頂いた通り、それは確かに、これまでになく暖かかった気がします。
(私は泣き虫なんで、涙自体は結構流すんですが。(小声。^^;

なんだか、ものすごく大きな安心感と、
ほんのちょっとの悔しさ(あ・・やられちゃった、みたいな)と、
これまでの自分の頑なさを、オツキサマに恥ずかしいと思う気持ち・・
そんなものが入り混じってぽろっと零れちゃったような、そんな涙でした。

 ・・優しいコメントありがとうございました。 m(*..)m
Posted by sizuku at 2004年11月07日 02:52
『桜色』は閉鎖させて頂きました。

甘えてばかりの私は、彼に苦痛を与えていました。もっと強くあったなら、離れないで済んだかもしれないです。今言ってもどうしようもないのですけどね(/_;)
彼あっての桜色でしたので、彼が居なくなった今、桜色を続けていく意味はありません。

今までありがとうございました。
Posted by チェリー at 2004年11月07日 09:17
チェリーサマ。^^

「桜色」の件は、記事を見て知っていました。
実はぽつりぽつりと書かれていた「手紙」も拝見してました。
何か・・と思っても、気の利いた言葉が出てこずコメントも入れられなかったのです。
 ・・ごめんね。

今はどんな言葉も、チェリーサマを慰めてあげることなど出来ないような気がしています。
 こういうとき私は無力だなぁ・・と、申し訳なくもなります。

ともかく、身体を壊されたりなさらないでね。
たっぷり眠って、身体を休めてあげてください。
ぐっすり眠ったら、気持ちのいい朝が、必ず迎えに来てくれるから。
Posted by sizuku at 2004年11月07日 14:39
暖かいコメントありがとうございます。
こちらのほうが逆に申し訳ないです・・・
あとは自分で這い上がるしかないと思っていますがなかなかそうも行かなくて・・・。
早く朝が来るといいなぁと思います。

落ち着いたら、またコメントさせてください。
Posted by チェリー at 2004年11月07日 17:50
チェリーサマ。^^

もちろん、待ってます。
Posted by sizuku at 2004年11月07日 18:40
私も上手く甘え方を知らないまま生きてきました。
正確に言うと甘えたい自分に気づいてなかった、という感じで。
甘えるということが弱いという風なイメージは何処から来るのでしょうね。
さらけ出せる勇気も必要だと思うのです。

ところで、また引越ししました。(お手数かけてしまってすいません
http://collor.sweetbox.ws/
URLの変更をお願いいたします。
Posted by sayaki at 2004年11月07日 23:05
sayakiサマ。^^

「さらけ出せる勇気」とい言葉に「うっ。」ときました。
言われてみれば、私はずっと長いこと、
「拒絶されること」に異常に臆病だった気がします。
・・やっと。何かひとつ、ハードルが越えられたのかもしれません。(*..)

と。リンクの件、わざわざご連絡ありがとうございました。^^
Posted by sizuku at 2004年11月08日 03:39
しばらく大人しくしていようと思ったのですが
新しくブログを始めました。
自分の気持ちを打ち込むことによって、少しでも気が晴れればと思っています。
もう、アダルトではないのですが
よろしければ、また、リンク貼らせてください。
Posted by 桜桃(チェリー) at 2004年11月10日 01:05
桜桃サマ。
よかった、よかった、おかえりなさい。^^

>自分の気持ちを打ち込むことによって、少しでも気が晴れればと思っています。

気、晴れますよ♪ 私が太鼓判押しちゃう。(笑)
というか。書くことは考えること、整理することだから、
きっとまた新しい何かが見えてくると思います。

焦らずいきましょう。のんびり、ゆったり。^^

(早速こちらのリンクも張替えさせて頂きました。 m(*..)m
Posted by sizuku at 2004年11月10日 02:13
ふむむ…
しゅたたん…
ごべりば…

あっ!用事思い出したから帰るね!
。。。ε┌| ∵|┘
Posted by はにゃ at 2004年11月10日 08:42
ふむ。「ごべりば」ってなんだろ。^^;
Posted by sizuku at 2004年11月12日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/950999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。