2005年09月09日

何が事実で、何が事実でないのか。

――私なりの「ホワイトバンド」考。

「どうしてあなたはホワイトバンドをつけているのですか?」

各人、答えは様々のはず。

私がホワイトバンドをつけている理由は、たったひとつ。
私は、公式サイトに書かれている「ホワイトバンド・プロジェクト」に賛同したからです。

私には、他人(ひと)から見て、私自身の思慮が、
どれだけ深いか、また浅いかは、わかりません。

私にわかるのは、私自身が何をどう感じ、どう考えるかということだけ。

「けれども」「だから」 私は、私が思った通りに行動します。

 ――――――――――

「私が思った通りに」と、自信を持って言う、つまり
「自分にとって、自分は正しい。」と言い切るのは、難しいことです。

それでも私は、それを実践していきたいと思っています。
出来るか否かではなく、その「努力」を続けていきたいと思っています。

「真実」は、人の数だけある。
その大前提に立って、私は私の真実を追い求め続けていきたい。

私にとって、そのキーワードのひとつが、
「何が事実で、何が事実でないのか。」ということです。

 ――――――――――

▼公式サイト 「活動の主旨」
▼公式サイト 「ホワイトバンドについての質問集」
▼公式サイト 「ホワイトバンド ¥300(税込)の内訳と使途」(9月5日改訂版)

▼関連過去記事 「ほっとけない」


(追記) ――――――――――――――――――――

▼「WHITEBAND on TOKYO TOWER 9/9,9/10@東京タワー」
>9日夜、地上150メートルにある東京タワーの大展望台が
>ライトアップで、白く輝いた。
>世界から貧困をなくすため、腕に白い輪を巻いてその気持ちを表す
>「ホワイトバンド」運動の一助になればと行われた。(時事通信社)

***東京タワー_1  ***東京タワー_2

「東京タワーに貧困撲滅の『ホワイトバンド』」(asahi.com 2005/09/10)
posted by sizuku at 20:36| Comment(14) | TrackBack(2) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

「チーム・マイナス6%」

チーム・マイナス6%

深刻な問題となっている、地球温暖化。
世界に約束した日本の目標が、温室効果ガス排出量6%の削減です。

そこで私も「チーム・マイナス6%」に参加することにしました。

「参加」・・と言っても、私がしたのは、
公式サイトを隅から隅までじっくり読んで、自分の中に問題意識を持ったこと。

そしてこれから実行しようと思っているのが、
そこで紹介されている6つのアクションから、自分で取り組み可能なものの実践。

・・それだけです。

「戦争をやめよう」とか、
「貧困をなくそう」とか、
「地球温暖化を食い止めよう」とか、

大きな目標ほど、私たちは、
いつの間にか、そのスローガンを唱えること自体に一生懸命になってしまって、
当たり前のことを口にするだけで、満足していることもあるのではないかなぁ。 (’’)

大きな目標だからこそ、個人個人の問題意識と、
「みんなで協力し合おう」という気持ちが大事だと思うんです。

例えば、普段髪を長くしている女性なら、夏場、その髪を少し短くしてみる。

それだけでも体感温度は下がるはずだし、見た目だって涼しげだし、
毎晩のシャンプーにかかる水の量だって減らせる。時間短縮にもなる。
(私はもともと使わないんですが)ドライヤーの熱量だって、時間だって。

そんなふうに。

例えば、普段から髪を短くしているなら、
「私は短いからなぁ・・」ではなくて、「だったら、私に出来ることは何だろう?」・・

自分に出来ることは何か。それを考えることが、大事なんだと思うのです。

 まずは一人一人の、身の回りの小さなことから始めてみませんか?

・・っと。右サイドバーに張ったリンクバナーは、そんな私の決意表明です。 (*..)


「チーム・マイナス6%」公式サイト
「チーム・マイナス6%」とは?
6つのアクション
posted by sizuku at 02:27| Comment(4) | TrackBack(1) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ほっとけない

ほっとけない世界のまずしさキャンペーン
www.hottokenai.jp


3秒に1人、子どもが貧困から死んでいます。
食べ物がない、水が汚い、そんなことで。

この状況を変えるには、お金だけではなく、
あなたの声が必要です。
貧困をなくそう、という声を表す、
ホワイトバンドを身につけてください。


whiteband


そんなキャンペーンを目にして、私もホワイトバンドをつけてみました。

どんなに微力でも、自分に出来る範囲で、まずは行動に移すこと。
自分の中で問題意識を持つことが大事かなぁ。(’’*) ・・と思ったので。

「ほっとけない世界の貧しさキャンペーン」 公式サイト

▼ whitebandをつけよう 「THE WHITEBAND PROJECT」
posted by sizuku at 01:46| Comment(8) | TrackBack(5) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

今日、ブログ巡りをしていて思ったこと。

「私のブログは私のもの。」
だから自分が思うことを書いていいのは当然だと思うけど、
私は、何か自己主張をするときに、
自分の場所だから、自分のブログだから、という言い訳に甘えたくはない。

特定の誰かに(あるいは誰かの特定の記事に)疑問を感じたり、批評をしたり、
特定の誰かに(あるいは誰かの特定の記事に)異論や反論を唱えたいのであれば、
それは「そこ」に向かって直に、正々堂々と発信したい。

もしある特定の事柄に、あえて「一般論」として上のような記事を書くならば、
不特定多数の読み手に対して、
その論拠となる事象(自分がそう考えるに至った根本の事柄)を、
まず「客観的に」明示する必要があるんじゃないだろうか?

これは、もちろん、自己主張することの良し悪しではなく、
書き方のマナー、あるいはエチケットだと思う。

 ・・と、偉そうに言う私も過去に「微妙」な記事を書いたことがあって、
 そのときの反省、自戒も込めて、
 今ではそう思うようになった、ということなのだけど。

「書くこと」と「発信すること」の違い。

文字さえ知っていれば「書くこと」は誰にでも出来る。
対して「発信すること」には、
それなりのテクニックがいる、ということなのかもしれない。
posted by sizuku at 20:01| Comment(13) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

ノーコメント。<詳報>


18歳少女3カ月監禁 首輪と鎖で拘束「ご主人様と呼べ」

ネットで接触 24歳男逮捕

(産経新聞 2005.5.12 朝刊)


▼全文
posted by sizuku at 09:10| Comment(1) | TrackBack(11) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あえてノーコメント。


18歳少女を3カ月監禁、男を逮捕

インターネットのチャットで知り合った、当時18歳の少女を東京都内のホテルや自宅におよそ3カ月に渡って監禁していたとして無職の24歳の男が警視庁に逮捕されました。男は、少女の首に犬の首輪をつけて鎖でつなぎ「ご主人様」と呼ばせるなどしていました。
(TBS News_i 2005.5.12)


▼全文
posted by sizuku at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

ほんとに怖いから。


性体験ある高校生、1割がクラミジア感染―厚労省調査

性体験のある高校生のうち約1割が、性感染症(STD)の一種、性器クラミジア感染症に感染していたことが厚生労働省の研究班調査で分かった。STDはエイズウイルス(HIV)の感染率を3〜5倍高めるとされるが、全国高等学校PTA連合会が実施した別の調査では、高校生の4分の1以下しか、その認識がなかった。エイズ感染者・患者の合計が先月1万人を突破した中、専門家は若者を中心に爆発的に増加する恐れがあると警鐘を鳴らしている。
 (中略)
研究班の今井博久・旭川医科大助教授は「インターネットや雑誌などで性情報がはんらんする一方、必要な性教育がほとんどされていない。このままではHIV感染者が劇的に増える危険性がある」と指摘する。
(毎日新聞:2005.5.4



私はセックスが好きだし、
ただ若いから、という理由だけでセックスしちゃだめとは思わないけど・・

「するならするで、ちゃんと考えてね。」 と思う。

セックスって、ものすごーく大事なことだと思う。

だから、特に若い子には、大事に大事にセックスして欲しい。

性感染症(STD)ライブラリ
posted by sizuku at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

「Blogで情報提供呼び掛け」

たまたま見つけた記事です。


小5女児が行方不明、Blogで情報提供呼び掛け

3月中旬、仙台市内で小学5年生の女児が行方不明になり、母親がBlogを開設して情報提供を呼び掛けている。

Blog「つぐみ、どこにいるの?」によると、行方が分からなくなっているのは同市若林区の羽田つぐみさん(11)。3月16日夕方、JR仙台駅前の店の近くで友人と別れた後、行方が分からなくなっている。家出をしたいと話していたという。

羽田さんは身長150センチ弱で短めのストレートヘア。ベージュ色のコートを着て、チェックのミニスカート、こげ茶色のロングブーツをはいていたという。
(IT media News 2005/03/25



実際にそのブログ「つぐみ、どこにいるの?」を拝見すると

「リンクについて
特にご連絡いただかなくともご自由にリンクをしていただいて構いません。
沢山の人に見ていただきたくて書いていますので、どうぞリンクしてやってください。」

また記事中に、

「なるべく沢山の方に、見ていただくのが私の希望です。
その沢山の方の中の誰かが、きっとつぐみに繋がっていると信じます。」

とありましたので、一ブロガーとして私も記事にしてみようかと。

ともかくまずは、
行方不明のお嬢さまが一刻も早く無事にご家族のもとに戻られますように。
 
 ・・お祈りしています。


(追記) ――――――――――
3月29日、つぐみちゃん、無事帰宅とのこと。良かったです。
『元ブログによる「つぐみちゃん」情報』は削除させて頂きました。
posted by sizuku at 15:06| Comment(5) | TrackBack(7) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

猫好きさんへ。

こんな催し物、見つけました〜。 (・・)ノ
 東京ですけど。

2月22日 猫の日特別企画
心なごむ 猫的美術生活
丸の内OAZO Catアートフェスタ2005


あべ夏子.jpg

2月22日(火)〜28日(月)
丸善 丸の内本店 4F ギャラリー

2月22日は猫の日!
心なごませる存在として人気の猫。
猫の愛らしい表情をみていれば、いやな事も忘れてしまいます。
そんな猫たちの魅力をあますところなく表現する
猫専門のアーティストが丸の内OAZOに集結いたします!

陶芸、創作人形、切り絵、七宝・金工、版画、木彫、絵画、写真など。猫をテーマにした様々なジャンルの作品を展示販売する「Catアートフェスタ」。アクセサリーから招き猫まで、猫的生活を満足させるアート・クラフトがいっぱい! 猫好き、アート好きには面白くてたまらないアートフェスタです。アーティストと交流できる「猫アーティストショップ」も13店、期間限定でオープン。猫専門写真家・板東寛司の「ネコマニア」写真展も同時開催! 猫好きによる猫だけのショップ。猫が大好きな方も、そうでない方も、猫の魅力を堪能してください。
(最終日は16時閉場)

■心なごむ猫的美術生活「Catアートフェスタ 2005」
■丸の内オアゾ「marunouchi oazo」
posted by sizuku at 03:14| Comment(5) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

「花はたださく ただひたすらに」

「相田みつをの詩やくざ」 中学教諭が生徒からかう
 詩人で書家の故相田みつをさんの詩を書き初めに書いた横浜市立中の元女子生徒が、国語教諭にやくざの言葉だ、とからかわれて精神的苦痛を受けたなどとして、市に350万円の慰謝料などを求めた訴訟で、横浜地裁は25日までに25万円の支払いを命じた。
 判決理由で河辺義典裁判長は「教育者として不適切な言動」として教諭らの責任を認定した。
 判決によると、元女子生徒は3年生だった2001年1月、国語の授業の際、冬休みの宿題の書き初めで「花はたださく ただひたすらに」という相田みつをさんの詩を題材にして提出。教諭が自らのほおを指でなぞり「こういう人たちの言葉だ」と発言した。その後元生徒は同級生に「やくざ」と呼ばれるようになり、卒業文集に顔に切り傷のある似顔絵を描かれた。
(12月25日 高知新聞)

たとえば国語の教師だからといって、
世の中のすべての詩を、
すべての詩人を、知っていなければならないとは思わない。

ただ、純粋にこの詩を目にしたとき、
彼の心にはそんなイメージしか浮かばなかったのだろうか。
 
教育とは何だろう。
教育者とは何だろう。

教師としての彼の、無知を弾ずることは簡単だ。けれど、私はそれ以上に
この記事に、彼の人としての哀れを見た気がしました。

「教師が書初めけなし、いじめに 市に25万円支払い命令−横浜地裁」(毎日新聞)
相田みつを 作品紹介・略歴(テレビ朝日)
posted by sizuku at 05:18| Comment(2) | TrackBack(1) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

流れ星

ふたご座流星群の見え方

「冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が、13日夜にピークを迎える。東の空のふたご座付近の1点(放射点)から流星が飛び散るように見える。真夜中にはふたご座が空高く上り、14日明け方まで観測できる。条件がよい場所では、1時間あたり50個以上見ることができそうだ。」

 離れていても。
 同じ空に。

 ・・見られるといいな。

ふたご座流星群、13日夜ピークに(asahi.com)
posted by sizuku at 09:01| Comment(3) | TrackBack(1) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

また台風です。

超大型・台風23号、日本列島縦断の恐れ
 「超大型で強い台風23号は20日未明、沖縄などを暴風域に巻き込みながら
 北上を続けた。台風は強い勢力を維持したまま、20日朝から夕方にかけて、
 西日本から東海地方に上陸する恐れが強く、日本列島を縦断する可能性もある。
 前線も活発化しており、四国や九州などでは、記録的な大雨に見舞われそうだ。
 また、大きな暴風域を伴っていることから、広い範囲で強い風が吹くとみられ、
 気象庁で警戒を呼びかけている。」 とのこと。

お出かけになる方も、お家を守られる方も、くれぐれもお気をつけて。 m(_ _)m

 雨と風の肌寒い一日になりそうですが、どうぞミナサマにいい日を。
posted by sizuku at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。