2005年06月03日

手のかかる女

closedサマの記事を読みながら、私は初めて彼と逢ったときのことを思い出した。

それまでの長い長いやり取りの後、私はとうとう、
「どうか、お願いですから、逢ってください。」という気持ちになり、
彼にそう告げたんだっけ。

だけどそれを告げたとき、
逢ってすぐに、そういう関係を持てるかどうかは約束出来ないとも言った。

 それはもちろん「お互い様」のことだけど、
 逢った瞬間に「違う・・」と思うことも、当然あるだろうと思っていたから。

「"覚悟"はして行きます。・・けど今、それを"約束"は出来ない。」

彼は言った。「うん。それでいいよ。・・でも、その"覚悟"は、しておいで。」

 ――――――――――

繁華街の駅前で初めての待ち合わせ。

あのときの陽射しの加減と、空気の肌触り、街の喧騒、そして自分の緊張を、
私は今でもしっかりと覚えている。

逢うなり私は、挨拶もそこそこに一気に喋り立てた。
お天気のこと、洋服のこと、ネットの話題、その頃嵌っていたヨーグルトの話まで。
 話題は何でもよかった・・
初めて現実に彼と並んで歩きながら、
私は彼との間に出来る「間」が怖かったんだろう。

初めて逢ったのだから、どこか静かな場所、
2人きりでゆっくり話が出来る場所に連れて行ってくれるといいなぁ、と
漠然と思っていた気はするけど、

「どこに行くの?」「何をするの?」実はそんな打ち合わせも何もなく、
私はそのとき彼の足が、確実にもうどこかに向かって歩き始めていたことに、
まだ気づいてはいなかったようにも思う。

ただ私は彼に遅れまいと、喋り続けながらも必死について歩いていた。

「ただ、ついて行けばいい。・・彼にすべてを任せる。」 ・・今思えば・・

待ち合わせ場所で逢った瞬間。
彼と「目」が合った瞬間に、私の気持ちはもう決まっていたのかもしれない。


それまでに、どんなにか時間をかけてやり取りを続けてきたとはいえ、
実際には全くの初対面の挨拶から、ものの30分・・。

私は彼の前で震えながらも、命ぜられるままに、自ら服を脱いでいた。


その日の自分の日記にはこう書いてある。

>肝心なことは黙ったまま他愛もない雑談を続け、
>その人に促されるまま、私はその建物に入った。

>すんなり着いて行った私を、その人はどう思ったのだろう。

>それを私が、暗黙の了解にした瞬間の、その人の気持ちが知りたい。


・・不思議だった。ほんとうに。

そこには「肝心」と思える言葉は何ひとつなかった・・。

 ――――――――――

逢う直前に、私は彼に言った。
「私は相当に手がかかる女だと思います。・・それでもいいですか?」

「かけ甲斐があればいいよね。」・・彼はそう言って笑った。


果たして私は、ただその手を焼かせるだけじゃなく、
彼にとって、その「甲斐ある」女だったろうか。

 ――――――――――

あの初対面の日、私がしたのは「私の覚悟」だった。

ずっと私は、その自分の覚悟をこそ大事にし続けてきたけれど、
最近になってふと思う。

彼は今までにそんなこと、一言だって口にしないけれど・・

あの日・・彼もまた「彼の覚悟」をしてくれていたんじゃないだろうか。


そんな「彼の覚悟」に、私は精一杯応えたい。
posted by sizuku at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬱陶しい

私はときどき自分のことを「冷たいのかな。」と思う。

私が自分を冷たいかも。と思う理由は、ときどき、他人(ひと)に対して、
何の言葉もかけてあげられなくなるときがあるということだ。

例えば誰かが傷ついている、苦しんでいる、そんなときに、
その状況に、ぁぁ、傷ついているだな、苦しんでいるんだな、と
感じることは出来ているつもりだし、
何か言ってあげたい、出来るなら励ましてあげたい、慰めてあげたい、と
そんなふうにも思うのだけど・・

思うのだけど、そんなとき私には、言葉が、
かけてあげるべき言葉が、何も見つからなくなってしまうことがあるのだ。

誰かの話を聞いていて、その人が、
「ぁぁ、一生懸命、頑張ってるんだな。」と感じることがある。

そんなとき、いったい私は、どんな言葉をかけたらいいんだろう、
どんな言葉がかけてあげられるんだろう。


私は「頑張る」という言葉が、好きでもあり、嫌いでもある。

時と場合によっては「頑張れ」という言葉は、凶器にもなり得るらしいけど、
それを踏まえた上で私は、それでも
「本人が、頑張りたいなら、頑張ればいいよ。」と思うことが、よくある。

本人が本当に頑張りたいと思っているなら、
それが本人にとって、頑張リどころだと感じられている場面なら、
「そうだね。頑張れ。頑張って。」と、心の底から思ってしまう。

たぶんそれは・・私自身が過去に、
「頑張ることしか知らなかった」せいだと思うけど。

かつての私は、頑張ることしか考えられない頭に、心に、
たとえどんなに「頑張るな」「頑張らなくていい」と言われても、
「頑張らないということがどういうことなのか」自体がわからなくて、
余計に混乱してしまっただけだった。

そして私の場合は、
頑張って、頑張って、力尽きて、ふっと自然に力が抜けたとき、
そのときになって初めて、
「頑張らないということがどういうことなのか」が、わかった。
「頑張らなくていいよ」と、かけて貰った言葉の意味が理解出来た気がした。

だからそこまでは。そにに行き着くまでは、
たとえどんなに苦しくても、
頑張ることも大事なんじゃないかと思ってしまう・・。


もちろんこれは、私のケース。
誰にも彼にも当て嵌まるものではないかもしれないし、
こんな私の思い込みのようなものが、
もしかしたら「凶器」となってしまうのかもしれない。

それに、本人の「頑張る」「頑張りたい」という言葉が、
どこまで本気なのかも、私にはわかってあげられないだろうな、と思う。
そうは言っても、本心ではもう頑張りたくないのかもしれない・・。
・・だとしたら・・。

 ――――――――――

頑張っている人に、頑張れと言うべきか。
頑張らなくてもいいよ、と声をかけてあげるべきか。

せっかく頑張っているところに、
もうあとちょっとで何処かに辿り着けるかもしれないというときに、
私にはそのどちらの言葉も、無用な気がしてならない。

私なら・・
ようやく頑張り抜いた後に「よく頑張ったね。」と一言声をかけてあげたい。

もし仮に我が身のことだったら、そんな一言が何より嬉しいと思うから。


だけどな。

人によっては、苦しいときに声をかけられ、励まされることで、
新しいエネルギーが生まれたり、バランスが取れるということもあるんだろう。

そう思うとき「じゃあ、私にはいったいどんな言葉がかけてあげられる?」と
悩んで、悩んで、
結局、何の言葉も見つけることが出来ずに、口を噤んでしまう結果になると、
そのジレンマの中で、私にはいつも決まって同じ言葉が浮かんでくるのだ。

「これって冷たくない? ・・私って、冷たい人間なのかもね。」・・


たとえそれがどちらであれ、思いやりに満ちた態度で、優しい気持ちで、
自然と言葉をかけてあげることが出来る友人たちが、私には眩しくて、
少し羨ましい。

そして今は、こんな記事しか書けない自分が、言い訳がましくて鬱陶しい。
posted by sizuku at 01:25| Comment(10) | TrackBack(1) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

すきにして。

ずっと長く、私の中に巣食っていた思い。
 あんなふうに、こんなふうに。

どうすれば私は満たされる?
 あんなふうに、こんなふうに。

ううん、違うの、もっと、違うの・・
 あんなふうに、こんなふうに。

ねぇ、お願い。試してみて。
 あんなふうに、こんなふうに・・。


 ・・ぁぁ、違う。違う。違うっ。


すきにして。貴方のすきに。

何でもいい。
何でもいい。
何でもいい。

すきにして。


何もかも、すべて貴方の思うがままに。

何でもいい。何でもいい。
ただ、貴方のすきなように。

ただ、貴方の思うがまま。

私を、貴方の、すきにして。
posted by sizuku at 04:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

貴方と私の間には

貴方と私だけの隙間があって、

その隙間を埋めるものが何なのか、

 たぶん、私たちは、

それがもう、しっかりわかってる。

だから、逢えない夜でさえ、
こんなに痛くて、苦しくて、

切ないほどに、とても気持ちがいいんだろう。
posted by sizuku at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

無表情

優しい目つき、とか、目が笑ってる、という表現がある。

また、(あえての括りだけど)SM系の話題では、
冷たい目、冷めた(覚めた)目、冷酷な視線、なんて表現もよく見かける。

目は口ほどに物を言い、ということだろう。

私はもともとそんな冷たい視線にゾクゾクするような女だった。
 それこそが私に火をつける、そんな気さえしていた。

ところが、彼と出逢って私は「無表情」というものを知ってしまった。


彼はときどき「その目」を見せる。

私の知る限り、私の周りに、あんな目をする人間は他には居ない。

それは「完全なる無表情」・・。


私はきっと、彼の「あの目」に嵌ったのだろう。

私は彼の、あの目、あの無表情に、興奮する。


彼の「あの目」で説かれたら、
きっとそれが相対性理論でも、私はイけると思う。

 ・・彼自身が気づいているかは、わからない。
posted by sizuku at 06:27| Comment(7) | TrackBack(1) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

「汚れた舌」

―― 私の舌は、「ささやかな幸せ」にツバを吐く。

汚れた舌.jpg

ふだんドラマは、大抵ストーリーで見るんですが、
このドラマは毎週、ただただ藤竜也が見たくて見てます。(笑)

ドラマの中で彼は、金沢に住むバツイチ高名陶芸家という役どころ。

芸術家として、仕事には徹底的にシビアで、
あまり笑顔も見せないし、無口だけど芯があって、ものすごく存在感がある。

 なんてったって、渋いんだよなぁ・・
 大人の男の色気がムンムンしてる。(’’*)

私にとっては、あまり興味あるストーリーでもないし、
恋人役(主演)が飯島直子っていうところがちょっと・・(以下略。(笑)

■TBSドラマ 「汚れた舌」公式サイト


肌のすきま.jpg

そうそう、dorlisの歌う主題歌「肌のすきま」が、これまたイイ感じです。

 ♪愛してるの... 心、肌に その唇触れるたびに
 ♪嬉しくなる 胸が痛む ホントは

 ♪ウソついてる... 心、肌で この舌が動くたびにね
 ♪違う名前がからまりそうで キスでふさいで

■「肌のすきま」 試聴動画全曲歌詞
posted by sizuku at 01:51| Comment(7) | TrackBack(1) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

不安定です。ヽ( ´ー`)ノ

今回のきっかけは、こんなことを書くのも自分自身で忌まわしいのだけど、
あの事件。だと思っています。

なんで私はこんなに過剰に反応してるのだろう。

「すみません。」「ごめんなさい。」・・

今こうして、自分の不安定さを見つめているだけでも、
私にはそんな言葉が浮かんでくる。

何をすみません? 誰にごめんなさい?
どうして私が謝らなくてはならないの?
私は誰に何を謝ってる?

わからないのです。

と言うか・・わからなくなるときがあるのです。

わからないのに口にしてるときがある。
「すみません。」「ごめんなさい。」・・

そもそも今回は、初めから、
過剰に反応してる自分を認めたくなかったのかもしれない。
反応して、考えて、また私は自分の内側に入っていってしまうのを、
避けようとしたのかもしれない。

だけど結局、こうして避けられていない・・。

そもそもそれは、私が謝ることなのか?

だけど。

気づくとそれは、何か具体的に、外界の何か、に対してだけ、
考えているのではすまなくなってしまっているのです。

何かを考え始めると、私はどんどん自分へ、自分へと向かってしまう。
そしてむやみに「すみません。」「ごめんなさい。」と口にし始める・・。

いくら言っても、何度言っても、何も許されない気がする。

誰に何を許して欲しいのかもわからないのに、

決して、誰にも、何も、許されないような気がしてくる。

許して欲しい・・。許されたい・・。
頭の中はそれだけになってしまう。
誰に? 何を? ・・それさえ、わからないのに。

許して。 ・・ぁぁ、「すみません。」「ごめんなさい。」・・

 ほらね。こんなふうに。

 ――――――――――

・・えーっと。支離滅裂ですね。

読まれた方は、何がなんだかわからないでしょう。
 書いてる私自身も、よくわかってないので。ヽ( ´ー`)ノ

ん〜・・ちょいと今、いっぱいいっぱいかなぁ・・。
 

私は今、少し余裕をなくしています。
posted by sizuku at 04:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 銀色の水鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

そして思った。

こんな私はやがて何処へ行くのだろう。
 ・・そこに貴方は居るのだろうか。
posted by sizuku at 03:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

私が幸せなのは・・

こんな人間であるにも関わらず、
貴方が私をちゃんと認めてくれるから。とても大事にしてくれるから。
そして守ってくれるから。

たくさんの選択肢があった中で、私はこの道を選んだ。

 あの日「一緒に探して。」と願った答えはまだ見つからないけど。

私は自分が選んだこの道に、間違いはなかったと思ってる。
posted by sizuku at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

強欲

最後の最後に、彼がやっと正常位で挿入してくれる。
何時間も彼と居て、さんざん苛めて貰って、
やっと普通の女として彼に向き合えるのかと思うとき。

正常位は当然、私が下ではあるけれど、私の中では、
ごく普通の男とごく普通の女の、ごく自然な体位だという感覚がある。

ぁぁ、だから、抱き締めたいの、抱き締めさせて欲しいの・・と、
私は当たり前に、彼の身体に手を伸ばす。

「だめだ。手は上に。」と、彼が言う。

私ははっとして、仰向けのままで、仕方なく腕を自分の頭のほうへ伸ばす。
「ぁ。ぁぁっ。」・・そして、私はそのまま突かれる。

またすぐに私の手は、彼の腕を、彼の身体を求めて彼のほうに伸びてしまう。
「ほら。手は?」彼は私に突き立てながら、冷静なまま問い掛ける。

「ぁぁ・・はい。」「出来ないなら、止めるよ。」・・「ごめんなさい。」

抱き締めたいの。ぎゅってしたいの。
貴方にしっかりしがみついて、イきたいの・・。

けれど私は彼の言うまま、自分の手を頭上に戻す。
 ・・戻すしか、ない。

寝たままのバンザイの形で、自分の両手をきつく組んだり、
ヘッドボードやシーツを強く握り締めて、耐える。

ぁぁ、だから。こんなときこそ、ただ簡単に括るだけでいいから、
私の手首を拘束してくれればいいのに・・と思う。


私から、私の自由を奪って思い通りにすればいいじゃない。

・・そのほうが・・楽。
 ぁぁそうなの、私のような甘えた女には、そのほうが楽・・。

拘束されているわけでもなく、押さえつけられてるわけでもない。
なのに私は、彼のたった一言で、自らの手を彼から遠ざけ、ただ犯される。

「なに? これはなんなの? ぁぁ、なに? なに?」

どこかでとても不自然さを感じながら、気づくと私はものすごく興奮している。

またたまらなくなって彼に伸ばした手を、今度は彼が叩き、振り払う。
「止めて欲しいのか?」

私は首を振る。
「ぁぁ、抜かないで。お願いっ。ぁぁ、そのまま。ぁぁ、突いて。突いて。」

「ぁぁ。ぁぁ。・・いい、いいっ。・・ぁぁ・・ううん、止めないでっ。」

そんなとき、私の中では、"いい"と"嫌"がごっちゃになっていて、
もうわけがわからなくなっている。

意識朦朧となりかけて、ふと彼と目が合う。
真正面で、彼が言う。

「おまえは穴。ただの穴なんだよ。」


ぁぁっ。そうなんだ、私は穴なんだ。
ただの穴。穴。穴。

私がひどい言葉や、下品な言葉に興奮するのは、たぶん、
罵られたり嘲笑われたする状況に感じる、ヒロイズム的感覚ではないと思う。
私は妄想癖があるけれど、
現実の行為の中では極めてリアリストだと思っている。

私が興奮するのは・・そこに、私の真の願望や欲望があるのを、
彼に見抜かれていることを感じるからだろう。

穴。
・・そう。私はずっとそれになりたかったんだ・・。
・・私はずっと、ただの穴になりたかったんだ・・。

彼はもともと無口なほうで、
ねちねちとありがちな言葉責めをするタイプではないけれど、
ときどき呟くように発する言葉が、こうして私の核心をついてくる。

「イきそう。ぁぁイきそう。・・イかせて。お願い、イかせ・・ ぁっ。」

彼に抱き締められることなく、彼を抱き締めることさえ出来ないまま、
それでも私は、この上ない絶頂感を味わう。

あんなに気持ちのいいセックスを、私は彼以外としたことがない・・。


私はときどき自分の記憶が飛ぶほどに興奮してしまうので、
いつも彼との行為や、彼の表情、その言葉のすべてを、
逐一正確に覚えているわけでもないのだけれど、
私が覚えている限り、どんなときでも、何をしてても、彼は冷静さを失わない。

私に何かを思い知らせるなんて、
彼にとっては、赤子の手を捻るより簡単なことなのかもしれない。
そしてでもそれは、実のところ、特別、彼の趣味でもないのかもしれない。

でも、だったら・・彼は本当のところ、何に興奮するんだろう。


私は彼自身に、もっともっと興奮して欲しいと思う。
どうしたら彼がもっと興奮してくれるだろうと、いつも考えてる気がする。

だけどそれは、
彼をもっと気持ちよくしてあげたいなんて、殊勝な気持ちからでもないような。

詰まるところ、彼がもっと興奮してくれたら、気持ちイイのは私なのだ。

・・どこまでも浅ましく強欲な変態女。
posted by sizuku at 18:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 銀色の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。